子供への詮索 子供の秘密と成長

子供に対して知りたいことがあるのは
親としては当然の気持ちだと思います。

しかし、あまり子供が話したい様子でもないのに
子供の話しを聞き出そうとすることは、子供にとっは不快であり
子供が心を閉ざす原因をつくってしまいます。

また、聞き出した結果、否定したり、冷やかしたりすることも
子供の心を傷つけ、心を閉ざす原因をつくってしまうのです。

もし、どうしても聞きたいことがあるのであれば、穏やかに、強引に聞こうとはせず
子供が話してくれたら、判断はせず、聞いてあげることです。

せっかく、子供が話してくれたのに、親がアレコレ言うと
ウザイ、で終わってしまいます。

でも、子供が親には言えない秘密を持つことは不思議ではありません。
(いじめられているにも関わらず、事実を隠していることはべつです)。

親に秘密を持つとは、子供にとっては親に言いたくない
どう思われるか、恥ずかしい、理解されないのでは等々、
様々な心理が背景にあると思います。

この秘密を共有出来る友達が、他にいれば問題はないのではないでしょうか。

同年令の子の方が、気持ちが分かりあえ、話しやすい。
自然なことです。

子供が親に言えない秘密を持つことは、子供にとっては当然であり
友達、仲間と分かち合って、その秘密を共有して解決していく

親離れ(自立)の観点からすると、そういうものではないかなと思ってしまいます。

間違っても、子供のことをすべて知りたい、秘密を知りたという、お気持ちから、

子供の部屋に勝手に入ってあら探し、子供の机の引き出しを開ける等のことを
してはいけません。

子供からの信頼を失います。

但し、何か子供に不穏な動きがある時は、別対応が必要となりますが・・・。