心理カウンセラー養成講座 その1

2017年補記 心理カウンセラー養成講座は行っていません。

今、カウンセラーの養成講座を企画立案中です。
では、なぜ私がカウンセラーの養成講座を企画しているか理由は2つです。

・ 生き辛さからの回復のためのグループワークの有効性を活かしたい。
・ カウンセラー志望の方が多く、その要望に応えるため。


まずは、生き辛さからの回復のためのグループワークの有効性を活かしたいことについて書きたいと思います。
私は通常「心理オフィス ステラ」のカウンセリングルームで個別カウンセリングを実施しています。
しかし、個別カウンセリングを実施していますと、この問題については個別カウンセリングよりもグループカウンセリング(ワーク)の方が良いのではないかと思うことも少なからずあることも事実です。

そこにはグループワークによる分かち合い、そしてロールプレイ等の参加者同志の実践訓練の有効性があると思われるからです。

もう少し詳しく書きます。
私が心理カウンセリングで行っている主なことは以下の通りです。
(アダルトチルドレン 対人不安 自信がない等悩み相談について)

1 問題となっているお話しを伺う。
2 問題の原因を探る。これにはクライエントの方が抱えている、思い込みが大きく影響しています。
3 生き辛さの原因である思い込みに焦点を当てる。(過去の振り返り、過去の今への影響)
4 自分を苦しめる思い込みの変更。楽な生き方、新しい考え方を創る。
5 コミュニケーション、アサーション(適切な自己表現)についての話し合い。対人スキルアップ。
6 カウンセリングで身につけた新しい考え方、対人スキルを日々の生活の中で発揮する。
7 日々の生活の中で自信を獲得する。

さて、個別カウンセリングでは1~4までは問題なく展開出来るのですが、5はカウンセラーとご相談者様の2者関係のみであり、対人スキルアップのためのロールプレイが限定されてしまいます。

そこでグループの仲間がいれば、対人スキルアップのためのロールプレイ、実習も様々な方と行うことが出来、経験も培われ、自信も獲得出来ると思うのです。

ここで獲得した自信とスキルは、グループワーク外の日々の生活のなかでスムーズに発揮されるのではと思います。

したがって私が考えているカウンセラー養成講座は、私が理想とする心理カウンセリングの展開(思考の変容と対人スキルアップ)をグループで行うということに大きな狙いがあるのです。
そして、これは単なるカウンセラーの養成講座ではなく、自分自身の生き辛さからの回復の講座、グループカウンセリングでもあるのです。

講座は4つのカリキュラムから成り立っています。

Ⅰ 自分を苦しめる思い込みについて認識をする。そして新しい考え方を創る。
Ⅱ 対人関係スキルの習得、アサーション(適切な自己表現)の習得。
Ⅲ カウンセリングスキルの習得。話し上手は聴き上手の実践。また、人格の向上を考える。
Ⅳ プロ心理カウンセラーの養成講座。心理分析演習含む。

各コース10回を予定しています。

「Ⅰ・自分を苦しめる思い込みについて認識をする。そして新しい考え方を創る」については個別カウンセリングでも充分対応していますが、グループでの分かち合い等をすることにより、様々な方の体験や考え方を知ることが出来、自己理解と他者理解の促進につながります。

また、「Ⅱ・対人関係スキルの習得 アサーション(適切な自己表現)の習得」は、Ⅰで創った新しい考え方のもと、いかに自分を大切にして他者との対人関係を築くかに焦点を合わせています。
良好な対人関係について考え、自己表現スキルの獲得も目指します。グループワークにおいて受講者同志の話し合いやロールプレイを通じて対人関係スキルを習得することにより、実社会生活でもそのスキルを発揮して頂きたいと思っています。

このⅠとⅡが個別カウンセリングにおける、グループワークで展開したいことです。

「Ⅲ・カウンセリングスキルの習得。話し上手は聴き上手の実践。また、人格の向上を考える」は、カウンセリングにおけるコミュニケーションスキルを獲得したい方に向けてのカリキュラムです。
このカリキュラムではカウンセラーのコミュニケーションスキルを学び、聴き上手になることを目指します。そして他者とのより豊かな人間関係を築くことを目的としています。

「Ⅳ・プロ心理カウンセラーの養成講座」はプロ心理カウンセラーの養成を主としており、心理分析、倫理、私の体験等も交えて進めていきたいと思っています。
カリキュラムⅣの受講はカリキュラムⅠ~Ⅲすべてを受講した方に限らせて頂きます。

尚、Ⅰ~Ⅲは個別受講は可能です。
そして、すべてのカリキュラムは私がカウンセリングで活用している心理学をベースとして組ませて頂いております。

長々と書きましたが、以上が私が今企画しています、カウンセラーの養成講座です。

次回は「カウンセラー志望の方が多く、その要望に応えるため」について書きたいと思います。