カウンセリング 年齢制限について

カウンセリングは、24歳以上の方を対象として受け賜わっています。

但し、20歳以上の方でしたら、ご希望御座いましたら受け賜わります。

さて、なぜ、カウンセリングに年齢制限を設けているのか、その理由について記載いたします。

1 子供のカウンセリングは対象外

子供と言っても、何歳までか子供なのか?
となるのですが、成人を20歳とすると、20歳未満を子供とさせて頂いております。

私が子供のカウンセリングを受け賜わらないのは、子供との接し方が分からないからです。
自分に子供がいないこと、そして、自分自身が子供時、思春期、青春時等、経験しそこなった、喪失してしまっているからです。

この時代に学ぶこと、感じること、楽しむこと等、私は親子関係から生じた様々な、自身の抱える問題の影響により、経験不足です。
経験していないことは分からない。

私が記憶をきちんと持っているのは、23歳以降、会社入社後です。
それまでの記憶は曖昧であり、それは抑圧、体験のなさからだと思います。

したがって、私は20歳未満の方のカウンセリングは、受け賜わりません。

2 若い方との感覚の相違について

私は昭和40年生まれ。
どちらかというと、古いタイプの人間かなと思います。

最新のITツール、スマホ、SNS、LINE、ネットゲーム等の世界とは関わりを持たず、今現在も興味がありません。

最新のITを駆使している若い方と、古いタイプの私では、何か感覚の相違があるような気がします。

例えば、コスト・パフォーマンスに対する意識。
コスパのカウンセリングは存在しないと思います。
但し、カウンセリング料金が安い等で判断されると、コスパのカウンセリングは存在するかもしれません。

多くの人は自分の行動、思考、性格等の悩みでカウンセリングに来られますが、これらは成育歴の影響であり、成育歴の影響から自分を変えるには相当の時間、期間がかかります。
私はカウンセリングでは、変わるためにはどうするか、一緒に考え、アドバイス等を行いますが、実際に何らかの行動するのは、ご相談者様の地道な努力と思っています。

実際、私も地道に自分を変えてきました。

さて、この成育歴の影響に、さらにITの影響が深く関係しているとしたらどうなのだろうか?
と、私は考えます。

年齢差もあり、何か感覚の相違も大きい感じがします。
私の考え過ぎかもしれませんが。

しかし、懸念しているので、一応、24歳未満の方のカウンセリングは控えさせて頂いております。

冒頭に書きましたが、20歳以上の方で、それでも良いと仰って頂けるのであれば、カウンセリング受け賜わられて頂きます。

尚、受け賜わらない年齢の上限は、数年に1歳上げる予定です。

さすがに、祖父母世代のカウンセラーからカウンセリングを受けることは、遠慮されたいのではないでしょうか。

それから、誤解されないために。

私は上述のように、最新ITとは縁のない、古いタイプの人間だと思います。
しかし、脳は最新の本やテレビで社会のこと、心のこと、脳のことについて学び、常に知識のブラッシュアップを怠らないように、努力しています。