親の離婚を望む子供たち

子供が親の離婚を望むことはあるのでしょうか?

皆さんはこのことについてどう思われますか?

多くの人は子供は親が離婚する、別れるという言葉を聞くと、子供は不安や淋しさを感じ、親の離婚を望まないと思われるでしょう。
私もそうだと思います。

しかしそうではなく、親の離婚を望む子供達もパーセントは多くありませんが存在することがカウンセリングを通して分かってきました。

それはクライエントの方が子供時(小学生低学年)を振り返って、当時の思いを話されるので事実だと思います。

ではなぜ子供は親の離婚を望むのでしょうか?

子供が親の離婚を望む。
どのような状況の家庭なのでしょうか。

それは親が子供にとって、安全な居場所を奪い続ける家庭なのです。

1 夫婦喧嘩が絶えない家庭
2 母あるいは父が、父または母の悪口(夫婦の悪口)を子供に言い続ける家庭

1 夫婦喧嘩が絶えない家庭

親が離婚をすると聞いて不安を感じる子供は、普段はそこそこ夫婦や家庭も機能しており、子供も家、家庭、両親に多少なりとも安心感を持っている場合ではないでしょうか。
だからこそ、その安心感がなくなること、安心感のもとである両親と引き離されることに多々不安を感じるのだと思います。

しかし、常に夫婦喧嘩の耐えない家庭の子供はどうでしょうか。
そもそも夫婦喧嘩が絶えない家庭とは、子供からすると両親がそろう都度、喧嘩が始まり家は安心出来る場ではなくなります。

いつ喧嘩が始まるだろうかと常に不安を感じ、日々喧嘩が始まらないか両親の様子を見てビクビクして過ごし、喧嘩が始まったら両親の怒鳴り声や、食器の割れる音に恐怖を感じ、流血の事態も見せられたりと、家庭はまったく心の休まる場ではないのです。

このような家庭で日々過ごしますと、子供は心の平安を求めて、喧嘩ばかりする親なら別れればいいと思ってしまうのも理解出来ます。

2 母あるいは父が、父または母の悪口(夫婦の悪口)を子供に言い続ける家庭

子供にとって日々片親の悪口を聞かされるのは嫌なものです。
ここにも精神的に安全な居場所がありません。

「そんなに悪口ばかり言うのなら別れてしまえばいいのに」と子供が思っても不思議はありません。
親が別れれば、うっとうしい親の愚痴を聞く必要はなくなるのですから。

一般的な考えの人は子供が親の離婚を望むことは理解出来ないでしょうが、親が子供の安全を脅かすアダルトチルドレンの家庭では、その元凶を取り除き安定を得たいために、子供が両親の離婚を望むことはあるのです。

もちろん子供ですから両親が離婚した後の経済的デメリットについては当然理解はしていないと思います。

何はともあれ、心の安定、安心を望んでいるのです。