機能不全夫婦

アダルトチルドレンには世代間連鎖の問題があります。すなわち、アダルトチルドレンを親に持つ場合、その子もアダルトチルドレンとして成長する可能性が高いのです。

この原因は親の子育がアダルトチルドレンの問題に大きく影響してるからです。
親の子育て、子供に対する態度とアダルトチルドレンの問題については、このHPでもいろいろと書いてきましたので、今回は親の子育てではなく、夫婦の問題とアダルトチルドレンの関係について書きたいと思います。

では、夫婦関係とアダルトチルドレン、どのような関係があるのでしょうか。
まずは夫婦関係を機能夫婦と機能不全夫婦に分けたいと思います。

機能夫婦とは夫婦としての機能、すなわち2人の人間関係が働いている夫婦です。
そこには2人の温かい関係性、意志疎通、コミュニケ-ション、お互いの情緒的サポ-トがあります。

では、機能不全夫婦とは何でしょうか。
2人の人間関係が働いていない夫婦です。2人の冷え切った関係やお互いが敵対心に満ちています。その結果意思疎通もなくコミュニケ-ションもありません。また、喧嘩が絶えないかもしれません。お互いの情緒的なサポ-トもなく、お互いが孤独やストレスを感じているかもしれません。

では、機能不全夫婦の問題は子供にとってどのような影響を与えるのでしょうか。

1 絶え間ない夫婦喧嘩
父親と母親が常に声を張り上げて喧嘩をしていますと、それだけでも子供にとってはストレスです。それ以上に日々恐怖を感じ心が安らぐ瞬間がありません。また、喧嘩によっては親同士が食事中茶碗や箸を投げ合う場合もあります。「茶碗や箸が頭の上を飛び交う」のです。これでは一家団欒の楽しい時間も当然なく、子供からするとさっさと食事を切り上げて自分の部屋に逃げ込むことが一番の安全になってきます。
また、激しい夫婦喧嘩からパトカ-が出動しようものなら大変です。子供はその事態に恥をかき、近所の視線を常に意識してしまうかもしれないのです。

絶え間ない夫婦喧嘩は子供から家の安らぎを奪い、常に喧嘩への恐怖でビクつき、大人になってもちょっとした音に敏感に反応する恐怖感を植え込んでしまうのです。
また、近所の視線を常に気にして過ごしますと、対人不安、視線不安へと発展してしまいます。
絶え間ない夫婦喧嘩による影響は図りしれないのです。

夫婦喧嘩も子供から安心を奪い、恐怖を与え続けるという点においては、親と子の境界が確立されていないことにつながるのではないでしょうか。

2 冷たい仮面夫婦
子供は敏感です。父親と母親の仲が悪いこと、険悪なことは敏感に感じます。
冷たい夫婦関係では当然2人の間にコミュニケ-ションもなく意志疎通もありません。
子供は常にピリピリした雰囲気を感じ続け、こちらも絶え間ない夫婦喧嘩同様心が安らぐ時がないのです。
また、冷たい仮面夫婦はそのお互いの憎しみから共に行動をするのを嫌がる傾向があります。すると家族旅行やレジャ-等行わない可能性もあり、子供にとっては楽しみのない家庭であり、他の家庭と自分の家庭を比較して悲しみを抱くかもしれません。

また、冷たい仮面夫婦の問題は子育てに直接影響する時があります。例えば夫婦間で親としての子育てに対する会話もなく、子供の将来像も夫婦別々で考え、その結果父と母は矛盾した期待を各々が子供に言うかもしれないのです。すると、子供は混乱してしまいます。混乱した子供はどちらの言うことを聞けばよいのか分からず、自分を抑圧してしまうかもしれません。

また、冷たくギスギスした家庭を築いた夫婦は各々が自分に余裕がなく心も荒れています。子供に対して余裕と温かさを持って接することが出来ないことは容易に想像出来ます。

冷たい家庭も子供には居場所がなく、親に対して甘えたり、相談出来る土壌がありません。
また、子供は何事も自己関連付けてしまいますので、「お父さん、お母さんが機嫌が悪いのは自分が悪いからだ」と勝手に思い込んでしまう可能性もあります。
自己価値の低下につながります。

3 情緒的サポ-トがない
以前読んだ本に妻に対する夫の精神的サポ-トの大切さが書いてありました。子供が小さい時妻は子育が大変であり、かなりのストレスを抱えています。子育てに対する相談、大変さを妻が夫に話した時にきちんと受けとめてあげないと、妻の子育てに対するストレスは上昇して、最後はストレスのもとである子供に何らかの負の行動を取る可能性が出てくるのです。小さい子供がいるために家から自由に出ることが難しく社会からの疎外を感じ、さらには夫からのサポ-トがないためますます孤独を感じ、ストレスを溜め込み、その反動から子供に対してすぐに切れ怒り、さらには暴力、無視、虐待へと発展するかもしれません。

子育ては夫婦で行うものです。夫はお金だけ稼げばいいというものではなく、少しの時間でも妻とコミュニケ-ションを取り、精神的なケアをしてあげる時間も必要なのでしょう。

さて、ここまで機能不全夫婦と子供への影響を書いてきました。
家庭の根幹は夫婦です。夫婦が夫婦として機能していないと、2人の家庭はギスギス、冷たい、険悪なものであり、その家庭に子供が生まれると、子供は当然その影響を受け、心に様々な傷を抱き成長するのです。

また、機能不全夫婦は母子密着の問題へも発展します。
夫と妻の情緒的な欠落が、母と子の関係の深さへ発展するのです。
関係が深いのはいいのですが、夫に期待出来ない分子供に過剰な期待をしたり、夫の悪口を子供に言ってみたり、子供を相談相手にする等、子供が子供をとして生きることが出来ない環境へと追い立てるのです。

子供は優しく我慢強いので母親に付き合ってくれますが、その影響が成長するにつれ生き辛さの原因になっていくのです。

子供は親を見て育つと言われています。
夫婦が温かい関係であれば、その夫婦の温かさを子供は見て感じ育つと思います。
すると人としての温かさを当然身につけ、バランスの良い大人へと成長するのではないでしょうか。

アダルトチルドレンは世代間連鎖が原因の1つですが、成長したアダルトチルドレンが良い夫婦関係を築き、常に自分を意識して、自分の問題を子育てに影響させなければ世代間連鎖は止められます。
常に自分を意識して子供と接するのはそれだけの余裕が必要です。
その余裕のためにも良好な夫婦関係は大切なのです。

機能不全家族の種は機能不全夫婦であり、機能家族の種は機能夫婦なのです。