私が子供時 親についていた嘘

私が子供時、親に対してついていた、大きな嘘は
小学生4年~5年までの間のことです。

当時、私は京都府向日市に住んでいたのですが
ここから、京都市左京区の岡崎公園に近くにある、

京都芸大(音大)の付属音楽教室に
毎週、土曜日の午後、小学校が終わってから通っていました。

阪急電車と市バスを乗り継いで、片道1時間30分程。
音楽は親にやらされていた、無理に習わされていた感があり
教室に行っても女の子ばかり、何も楽しくない。

結局は、向日市から京都市の四条河原町まで阪急電車で行き
百貨店の上の屋上でゲームをして遊んで、時間を潰していました。
ほとんど音楽教室には出席することなく、遊んでいた。
これが親についていた一番の嘘かな。

仕方ないと思います。
誰も好きで習わしてくれといったものではなく、

親の趣味かエゴで習っていたわけですから。
私からしてみたら、早くやめたかった。
偶然、やめることが出来た、転機が起きたのですが・・・。

私の小学生時は、土曜日も昼まで授業。
習い事は、ピアノ、音楽教室、水泳、習字、ソロバン、塾。
何もプラスになっていませんが・・・。

親は子供に習い事をはじめさせる、継続させる時は
常に子供の気持ちを確認することが大切ですね。

無理やり習わせないことです。
子供の後の性格、人生に問題が生じます。