毒親

毒親という言葉は近年、一般化されつつあります。
毒親とは何でしょうか。

私は長年ホームページを運営していますが、はじめて、「毒親」という言葉を使うように思います。
そして、以降はこの言葉、使いたくありません。

なぜ、今まで私が毒親という言葉を使わなかったのか。
使う発想がなかった。
それは、私が自分の親のことを、毒とは思っていなかったからでしょう。

さて、毒親についてですが、子供の人生を苦しめる親のことだと思います。

親が子供の人生を苦しめる。
大別すると、2パターンあるように思います。

1 過去の親の育児態度に問題があった
2 現在進行形で子供(成人した大人)を苦しめる親

1 過去の親の育児態度に問題があった

親がいかに子育て、子供と向き合うかによって、子供の性格を決定づけ、子供が成長して大人になっても、人間関係、自分自身、社会との不適応に苦しみ、人生の希望を見出せず、生き辛さを抱えることは、よく知られています。
機能不全家族、アダルトチルドレンに代表されています。

親も子供を苦しめようと考えて、問題のある子育てをしたとは思いません。
(一部、意図的な虐待をする親は除外)、親もその時は最善を尽くしてのことでしょうが、結果は別です。

子供に生き辛さの種を植え込んでしまった。

しかし、子供が成人すると、自分の人生は自分で解決しなければならない時が多々あります。
親の責任論を問う気持ちは分かりますが、親に責任を問うても、何の問題も解決しません。

過去、子育てに問題があり、生き辛さを与えた毒親。
でも、今の親は在り様は、過去とは違うかもしれません。

無事、成人出来、今の親が無害であれば、それは、過去、毒親であったということでしょう。

私も機能不全家族、アダルトチルドレン。
子供時、親の私に接する態度は明らかに、問題がありました。
しかし、私が成人してからは、さほど問題はなかった。
と言うよりは、私が親と話さなくなり、心理的に徹底的な距離を取ったので、良くも、悪くも、親の入り込む余地がなくなってしまった。

それでも、20歳以降、子育ての問題が顕在化、人間関係等に支障をきたし、生き辛い人生であったことは確かです。
私が何とか、人と構えずに話せるようになったのは、30歳中頃以降。

今でも、私は子供時の問題を抱えているかもしれません。
でも、それは自分や、信頼出来る誰かの力を借りて、解決するしかないでしょう。

毒親。
お前のせいで、人生滅茶苦茶だとか思わない方がいいのです。
気持ちは分かりますが、毒親と責める怒りの感情は、自分自身に転じて向かってくることもあります。

過去は過去と割り切れない気持ちも分かります。
でも、今、親が無害化されているのであれば、現在進行形においては、毒親ではないでしょう。

2 現在進行形で子供(成人した大人)を苦しめる親

成人した子供につきまとう。
電話、メールで常につながりを求め続ける。
罵倒、批判を続ける。
部屋や家に勝手に入り込む。
盗聴器をしかける。
金銭を要求する等、成人した子供を苦しめ、人生を狂わす親。

これが、真の現在進行形の「毒親」であると思います。

しかし、心理オフィスステラでは、この現在進行形の毒親に対する問題、対応のカウンセリングは受け賜わっておりません。

親自身は自己を正当化して、自分に問題があるとは認識されないでしょう。
しかし、これらの行為をされ続ける、受け続ける者としては、ストレス、生き辛さを通り越し、生きることさえ、嫌になるのではないでしょうか。

しかし、私はこのカウンセリングは受けられない。
親子、独特の問題です。

本当は話し合って、これらの行為をやめるように親に頼むのが良いのですが、それが分かる親であれば、悩みません。

また、絶縁という方法もありますが、親が執拗につきまとい、乗り込んでくることもあります。

逃げても、逃げても、追って来る。
毒というより、狂気を感じます。

それでも、幸福論者は親の幸せを日々願えば、親も自分の幸せを自身に求め、自分の人生に専念しはじめると言うでしょう。(願いは叶うという主義主張)

しかし、現実には、そこまで待っている余裕がないのです。
毒親に潰されかかっているのですから・・・。

私が一言、無責任なアドバイスをすることを、お許し頂けるのであれば。

「毒には猛毒を」。
「ハムラビ法典100倍返し」。

これらの、言葉からイメージしてください。

無責任だから書けるのですが

自身が鬼と化し、闘わなければならないでしょう。
自分の中に眠る鬼を解放し、鬼迫で闘う。

しかし、問題はその後です。

何が起こるか分からない。
不測の事態、悲惨な結末を迎えるかもしれません。

だから、責任を持って現在進行形の毒親に対する問題解決に対する、カウンセリングを受け賜わることが出来ないのです。

簡単にアドバイス出来るものではありません。
リスクが高すぎるのです。

私には、この毒親の問題に対する、カウンセリングは出来ません。
そして、カウンセリングを受け賜わることはありません。

ご理解、ご了承ください。