じゃれ合うことから学ぶこと 手加減を学ぶ

動物の子供がじゃれ合うシーンを見られたことはあると思います。
じゃれる。
遊ぶ。

たまに噛みついたり、噛みつかれたり
しかしこの行為は、動物の子にとっては大切なことで
どこまで噛まれると痛いか
それによって、自分はどれ程度の力で噛めばいいのか
身を持って学習しています。

人間の子も、子供同士で遊びます。
遊びを通して、自分がどこまで相手に何をしていいのか
手加減を学びます。

小さい子が、遊びから通して学ぶ大切なことは
人としての基本である、相手の立場に立つ
手加減を学ぶことかなとも
思ったりします。

さて、大人同士でも、意図的ではないにせよ、
言葉等で傷つけ合ったりします。

これによって、どういうことが、他者を傷つける
言葉か態度か、常に学習しているのでしょう。

手加減を学ぶ。

こう考えると
私たちの成長には、他者が不可欠であり。
他者の存在なくては、自己の成長がないのでしょう。

人との関わり、関係性を持つことは
小さい子供から、大人まで大切なことなのです。

人間関係は学びの場と言っても
過大評価ではないと思います。