悩みの相談と愚痴 友達関係

悩みの相談と、愚痴とは同じ意なのでしょうか。

感覚的ではありますが、愚痴

愚痴、この言葉には、自分の抱いてる状況等に対する、怒りを
周囲に対して発している、攻撃性を感じます。

対して、悩みの相談とは、今抱えていることに、何とかしよう
解決したいという、悩み事の相談。

ずっと同じことばかり悩んで、特定の人に、同じ悩みの話しをし続けますと
聞いている相手も、同じことばかり聞かされて、嫌な気持ちを持つかもしれませんが
それだけ、なかなか、解決しない悩み。

解決しない悩みを抱えているけど、やはり話さずにはおられない。
これが悩みの相談のイメージです。

では、愚痴。
愚痴も、悩みの相談に近いのでしようが。
解決を何とかしたいというよりも、
コントロール出来ない状況(悩みの根源ですが)
この状況に対する不満、怒りを、聞いてくれる人に発して
ストレス解消につなげている感があります。

解決は諦めて、怒りを発散したい。

愚痴を言い合う関係、愚痴を言い合う友達関係と聞くこともありますが
愚痴を発して、聞いて、楽しい人間関係とは、在るのでしょうか。

普段は楽しい話しもするけど、たまには、愚痴を言うのなら分かるのですが。

ずっと愚痴を言い合っているとすれば
楽しくない関係性のようにも感じます。

それは、お互いが攻撃性に基づき、怒りの発散をし合っているだけですから
私には、楽しい関係性とは思えません。

愚痴はほどほど、
後は、真面目な話や、楽しい話しが出来たらいいですね。

愚痴を言うだけの関係があるとしたら
それは、本当の友達関係なのでしょうか?