コミュニケーション不足 喉のつかえ

自分の体を観察していると、喉につかえ、胸に黒いかたまりのようなものがあるのを感じる時があります。

これは、コミュニケーション不足から生じる感覚だと認識しています。
どうも、人と会話量が少ないと、ストレスが生じるようです。

そして、このストレスが、喉のつかえ、胸の黒いかたまりのように感じるのでしょう。

コミュニケーション、話しを聞くことも大切ですが、話しをすることも大切です。

自分の思いは、自分のエネルギーであり、それを発することなく、自分の中に留め置くことは、喉に発したいエネルギーが溜まっていき、つかえてしまうのでしょう。

結果として呼吸も浅くなってしまいます。

私の場合、話しを聞いてくれる人がいない場合は、スポーツ、フィットネスクラブに行き、溜まっているエネルギーを全身に回すことにより、ストレスの発散を行っています。

コミュニケーション不足はエネルギーの滞りから、健康にも影響するかもしれません。

また、コミュニケーションは脳の活性化にも影響していますので、出来るだけ、コミュニケーションを取る、会話することを意識して、日常を過ごした方が良いようです。

それから、コミュニケーションの相手も、適度に代える方が、コミュニケーションのパターン化を防げ、脳の活性化により良いそうです。

私は会話量が少ない時は、運動(スポーツ)をすることにより、対応しています。
運動も脳の活性化に影響します。