メッセ-ジ 自分を大切に・・・

自分のことを大切に出来るのは自分だけです。
また、自分の抱えている悩みに対して向き合えるのも自分だけです。

カウンセリングをしていますと、ご相談者様から次のような言葉を聞くことがあります。

・私、このような悩みでカウンセリングに来て良かったのでしょうか。
・私より悩んでいる方がたくさんいるのに。
・私の悩みなんて~~~と比べたら。

人は様々なことで悩みます。
そして、悩む内容は人によって違います。

でも、自分の悩みを解決出来るのは自分だけです。
ですから、他の誰かの悩みと自分の悩みを比較しても意味はないのです。
人、各々悩みの内容や背負っているものが違うのですから。

人の悩みと比較して、自分の悩みなんてと思われるとしたら、それは自分を大切にしていません。
また、比較による一時的な安心感を得ることはあったとしても、結果として自分の悩みを棚上げすることにつながり、悩みの内容によっては状況、状態を悪化させる可能性があります。

さて、自分を大切にするとは、どのようなことでしょうか。
それは、少しでも自分が楽に、幸せに、安心感を抱き生活することが出来るように、自分に取り組むことではないでしょうか。

悩みの内容が「心の問題」「性格の問題」「自分に対する自信の問題」等でしたら、心理カウンセリングは、あなたの役に立つと思います。
悩みや、生き辛さからの回復、開放に有効であると思います。

背負っているものは皆、違います。
ですから、「心が辛い」と思われたら、迷わずカウンセリングを受けてください。

自分の問題に向き合えるのは自分だけです。
自分の問題を解決出来るのは自分だけです。
そして、カウンセラーはそのお手伝いをします。

1人で抱え込んでいる悩みの解決に、きっと役立つことと思います。

どのように悩みの内容でも、人と比較する必要はありません。
自分は自分なのですから。

またカウンセリングに対して、敷居が高いと感じることもあるかもしれませんが、体が疲れたらマッサージを受けることと同じように、心が疲れたらカウンセリングをお勧めします。

自分が自分の言葉で悩まれてるいことを話し、カウンセラーにしっかりと受け取ってもらえれば、それだけでも心は軽くなると思います。

カウンセリングはコミュニケーション、会話で成り立っています。
特別な何かをする場ではありません。
敷居が高いということは決してありません。

自分のことをお話されることは緊張されるかもしれません。
しかし、カウンセラーはしっかりとそのお気持ちを受け取ります。

また、問題解決に対してアドバイス、提案が必要な場合は責任を持ってさせて頂きます。

悩まれていることに取り組み、楽に生きること、幸せを目指して生きることが、自分を大切にするということです。

自分を大切にしてください。
そして、自分に優しく。

私は精一杯、皆様のお力になるために最善を尽くします。