友達の多いパートナーに対する独占欲

自分に友達が少ない、仲間が少ないと思い、そのことに劣等感を抱いている時、友達や仲間が多い異性に、好意を持ち、恋愛に発展することもあると思います。

相手は自分が欲しくても持てない、友人、仲間に囲まれているのですから。
その異性(彼、彼女)を自分のパートナーにすることにより、パートナーを通して友達、仲間が増えることに、いったんは満足感を覚えることでしょう。

または、自分のパートナーは素敵な友達、仲間に恵まれている、自慢の心理もあるかもしれません。

しかし、もともと友達の少ない人は、人間関係をさほど求めず、1人のパートナーにしがみつく傾向が高く、友達の多いパートナーに対しても、やがては自分だけを見て欲しい等の気持ちが強くなることもあります。

パートナーが自分を置いて、他の友人、仲間に対して時間を取ることに対して嫉妬がうまれるのです。
もっと、自分だけに時間を取って欲しい、自分だけを見て欲しい。独占欲。

しかし、パートナーからすると今までの友、仲間を。
彼、彼女のために縁を切ることは出来ないでしょう。
彼、彼女を大切に思いながらも、友人、仲間を大切にしたいと思うはずです。

もともとは自分が孤独感を抱えており、友人、仲間の多いパートナーを選んでおきながら、いざ、2人が付き合いだしたら、パートナーに対して、友人、仲間に時間を取るな、自分だけの時間を大切にして欲しいと迫ることは、理が通らなのではないでしょうか。

パートナーの魅力は、たくさんの友人、仲間と共存している、人間的魅力なのですから、それを削いでしまっては、自分が好きになったパートナーじたいの価値の一部を消してしまうことと同じことではないでしょうか。