冷めた夫婦関係 母子密着

25年以上前の話になりますが、私が〇〇市のマンションに住んでいた頃、隣のマンションの一室から、いつもバイオリンの音が聞こえていました。

カーテンがいつもあいており、私の部屋から、隣のマンションの一室がまる見えでした。
母親が兄弟2人に、バイオリンを指導していました。
(たんに練習を監視していただけかもしれませんが)。

私は自分がピアノを嫌々習っていた経験もあり、バイオリンを習っている子達は好きで習っているのかな?
と思いながら見ていました。

そして、ある日、隣のマンションの一室から女性の大声が聞こえてきたのです。
「私のこと愛しているの?」
こんな感じのことです。

見ると、いつもの部屋で、母親と男性(夫)が部屋にいました。
女性の方が何か、一方的に大声を出していました。
よほど、我慢の限界だったのでしょうか。

・・・ふと先日、なぜかこの光景を思い出した。

もしかしたら、あの夫婦は会話、愛情がすれ違う夫婦であり、母親は自分の満たされない気持ちを満たすために、子供にバイオリンを教えていたのだろうか?

冷えた夫婦関係、お互いに、言葉がなく愛情を感じない関係性。
こういう時に、子供がいると、母の虚しい心を埋め合わせるための存在となることがあります。
子供に何かをすることで自己を満たす。
習い事を教えることにより、子供から離れない。
ひどい場合は子供が愚痴の聞き役になってしまいます。
⇒母子密着の形成。

母が子供に何かをして、自分の心を満たす。
親なら当然と思われるかもしれません。

しかし、問題はその執着の強さです。

子供は親を見ているものです。
感じているものです。

母がさびしくて、自分たちに執着している。
母を悲しませたくはない。
だから嫌々でもバイオリンを習う。
自分を犠牲にして。

自分を犠牲にしてでも、親の気持ちに添おう。

このようなことを、想ってしまいました。