思いやりの欠ける夫婦

思いやりの欠ける夫婦(恋愛)。
この言葉より、どのような状態の夫婦をイメージされますか?

私のイメージは、コミュニケーションがない、お互いの立場を理解していない。または、理解する気がない、お互いがお互いを尊重していない。
そして、この状態が長く続くと、コミュニケーションすること、理解するする努力も、無駄に思えてきて、
「どうでもいいかぁ~~」となってしまう。

「どあでもいいかぁ~~」とお互いが思いますと、お互いの気持ちはますます、離れていき。
お互いを認め合う、尊重し合う、感謝することが出来なくなってしまいます。

そして、夫婦関係においては、各々の役割を果たすこと、維持することのみに専念します。
お互いが責任を果たすことによってのみ、夫婦関係を維持するのです。
でも、責任を果たしても、何の感謝もありません。
お互いが、責任を果たす間柄の関係に過ぎないのです。

この状態が続くと、相手が少しでも、責任を果たすことを、うっかり忘れてしまうと、怒りに満ちた暴言が飛んできます。

例えば、夫がゴミ出しの責任を果たす役割を忘れて、外出したとたん、
妻が後から追って来て、大声で、「お前、何やっとんじゃ、しっかりせぇ、ぼけ」
こんな程度で終わって良かったと、夫は内心思っているかもしれません。

お互いが責任を果たすだけの夫婦関係は、双方、不満でいっぱいです。
それは、お互いが認め合うこともなく、尊重し合わない関係ですから、当然だと思います。

だから、ちょっとした相手のミスが、今までの不満と怒りとともに、爆発するのです。
気持ちが分かる、分からないは、もうどうでもいい。
とりあえず、やるべきことはやれ。
出来ない場合は、責め倒す。

普段からの円滑なコミュニケーション、理解し合う姿勢があれば、こんなことにはならないのに。

人間関係コミュニケーションが大切です。
そして、相手を認めること。
同時に、相手にも認めてもらうこと。