日焼けサロンに行く意味はあるのだろうか

実は、この問い、そのものが無意味なのです。

なぜなら、
日焼けサロンに行く人には、その人なりの意味、価値があるからです。

日焼け、
肌が、茶褐色、または黒くなります。
肌色の変化より、精悍さも出てくるでしょう。

少し気の弱い方が、日焼けサロンに通って、肌に精悍さを加えたことにより
冒険心、一歩踏み出す力が、わいてくると聞いたことがあります。
また、人によっては、ストレスの解放にもなるそうです。

日焼けサロンに行く人には、その人なりの価値と意味があるのです。

私たちは何事も、自分を基準にして物事を判断する傾向があります。

自分にとってはどうでもいいことでも
他者にとっては大切なこともあるのです。

したがって、逆視点から考えると
自分が行っていることが、他者からすると意味があるのか?
と、疑問を投げかけられている場合も多々あるでしょう。
誰も口に出さないだけです。

私たちは自分にとって意味がある、価値があると捉えたことに

専念すればよいだけであって、

他者のことをあれこれ思わず、まして批判すべきではないのでしょう。

そうすると、いろいろなことがシンプルになるのでないでしょうか。

自分に専念。
他者を尊重。