生きること 逃げること 潰されないこと

もし、あなたが雇用され、働いていて、職場に潰されそうになり
もしくは、これ以上、働いていたら、潰されと感じているとしたら

潰される原因は、過労、パワハラ、セクハラ等
職場の環境要因が強いと思います。

もし、潰されそうと分かっていても
その職場で働かなくてはならないと、強く思われるのなら
それは、何のため・・・。

親のため?
家族のため?
今後の不安を回避するため?
働くべき、信念のため?

生きるためには、逃げることも必要です。

私は14年前に、14年間勤務した会社を
サッサと辞めてしまったので、
自身の経験からも、そう思っているのですが

やはり今の不安定な社会情勢
辞めて、次の仕事が見つかるのか?
年齢を問わず、不安を感じられると思います。

でも、潰されたら意味がありません。
まずは、生きることの方が、重要なのではないでしょうか。

年齢を考慮しなければ、ならないのですが
今の社会情勢で、一生涯、一つの企業で、雇用されることは
不可能に近いのではないのでしょうか?

以前NHK、クローズアップ現代で放映されていましたが
世界レベルで、仕事のない時代が来るとのことです。
まったく、仕事がなくなるわけではありませんが・・・。

人工知能が、人の労働を奪う時代が来るのです。
すべての労働、仕事内容について、ではありませんが
今よりの、雇用情勢が悪くなるとのこと。

さて、話しが少しそれましたが

職場に潰されると思っているのであれば
誰かに相談をして
助けを求めてください。

おそらく、それは、公的機関が良いでしょう。
どこに相談すべきかは、お探しください。

相談してから、辞める決断、
いったんは退く決断
逃げる、言葉はよくないかもしれませんが
すべては、自分を守るため。

辞めたら、どうなるか、セーフティ-ネットも調べてみてください。

とにかく生きることが大事です。

私が会社を辞めて良かったという経験は書きません。
このことは、人様々、置かれている状況が違うことを認識しているからです。

でも、やっぱり、生きることが、最重要だと思います。

私がなぜ、このことを書いているのか
Eテレの、いじめをノックアウト、この番組を見て、思ったのです。

いじめられるのなら。学校なんて行かなくていい。
でも、これは暴論だし、私は教育について書く経験もありません。
なので、学校のことについては、書きませんが

職場で潰されると思われ、苦しみ、その予感があるのでしたら
考えてみてください。

逃げという言葉は、言葉の響きがよくありませんが
まずは、誰か(公的機関)に相談してみてください。

そして、生きてください。