楽しみをテーマに 3記事

〇タイトル:楽しみ方は人様々

人は何を楽しんでいるのか?
楽しみ方は人様々です。

でも、人によっては、笑っていないと、楽しんでいない。
そう思われる方もおられるようです。

おもしろければ、笑うと言いますが
おもしろい=楽しいは、ニュアンスが違うようです。

花を見て楽しむ
ペットと遊んで楽しむ
楽器演奏を楽しむ
アロマを楽しむ
絵を描くことを楽しむ
スポーツを楽しむ

人、様々な楽しみがあります。

ですので、自分らしい楽しみを持てば、いいのではないでしょうか。

でも、自分なりの楽しみが分からないという方は
様々なことにチャレンジ、経験して
自分なりの楽しみを、みつければいいと思います。

私の今、一番の楽しみは
NHK、Eテレの、一般の人を対象とした
ドキュメンタリー番組を見ることです。

人を知り
社会を知ることにつながります。

で、なぜそれが楽しみなのか?
と、問われると
その答えは分かりません。

楽しいと思っているから
そして、楽しく見ているから

楽しむ、楽しみとは、
このようなものではないでしょうか。

〇タイトル:趣味が楽しめない

趣味はある。
楽しめると思うことはあるけれど
なぜか、楽しむことが出来ない。
こんな時もあります。

私は、楽しむということは、その行為、過程を楽しむことが
大切であると考えています。

しかし、人によっては、行為、過程の後の、

結果を強く求める場合があります。

例えばスポーツ。
スポーツという行為を楽しむというよりも
「勝つ」ことの結果を求めすぎ
スポーツそのものが楽しめないのです。

例えば創造的行為。
絵、小説、陶芸等の創作行為。
この場合も、作品を出展することによる
評価や、嘗を強く求めますと
創造的、創作的行為じたいに楽しみを見出すことが
難しくなるかもしれません。

結果を求めることは大切ですが
「楽しむ」ということを主とするのであれば

結果はとりあえず、楽しみの1つと、置いておき

今している、「楽しむ」
行為、過程、そのものを楽しみましょう。

そう。

結果は先、未来のこと。

今を大切にしましょう。

〇タイトル:楽しむことに対する罪悪感

楽しもうと思っても
何か楽しいことをしようと思っても

自分が楽しむことに対して、罪の意識を持ってしまい
楽しむことを、禁じてしまうことがあります。

それは、無意識で楽しむことを禁じているようです。

この無意識とは、子供時
親自身が楽しむこともなく、一生懸命働く姿を見て、
子供も、生きるにおいて、自分も楽しんではいけないと、自己学習したのか

または、子供時に親から「人生楽しむものではない」と
教え込まれたのか、
いずれかが影響しているでしょう。

自分が子供時、親の行動をみて学習したこと、
親から言われ続けたことが
自分が楽しむことができない

「楽しむな」の、楽しむことを禁じる信念に
なっていないか

振り返る必要があります。

そして、「楽しむな」の信念があれば
その信念を、見直していく必要もあるでしょう。

楽しく生きるために。