高い規範意識に基づく人生

倫理的、法の順守、高い道徳観等、高い規範意識に基づく人生。
あらゆる規範を徹底的に守り、常に自分が規範やルールにはずれていないか、自己チェックを厳しく行い続ける。

善良な市民、無害な隣人、信頼出来る人といったところでしょうか。

私自身も規範意識の高い方で、規範を守ることは、安全、安心に暮らすためには大切と思っています。

規範やルールを守るというのは、治安や人権を守るために絶対必要なことなのです。
実際、法を破った人間は罰せられ、会社等の規則を破った人間は、解雇等されます。

社会や組織が健全に機能するためには、規範、ルール、規則、法が絶対必要なのです。

しかし、あまりにも高い規範意識に基づいて生きると、問題が生じる時もあります。
それは、己が守っている規範を絶対視してしまい、他者が少しでもそれを守らないと、罰するべき論、勝手な勧善懲悪に陥ることです。
自らが裁き人となり、人に制裁を加えようとする。

人が心穏やかに、豊かに生きるためには、他者との揉め事は避けなければなりまん。
そのために、規範は必要なのですが、それにとらわれ過ぎると、逆にちょっとしたことでも、問題視、クレームばかり言うことになり、自身がクレーマーのレッテルを貼られるかもしれません。

高い規範意識、これが高すぎると、自身がそれに縛られ、嫌われ者となり、身の置き場がなくなることも考えられます。

また、高い規範意識の基が、安全、安心の確保である場合、規範にさえ従っていれば、人生万事良好と思うに至り、人生の冒険や楽しみを、経験しそこなうかもしれません。

以前より書いていますが、何事もバランスが大切です。

規範を守りながらも、自由も謳歌して楽しむ。
たった一度の人生、せっかく治安の良い日本で生活しているのですから、ある程度の自由度を他者や自己にも許容しましょう。