明るく振る舞う

明るく振る舞う

人に対して明るく振る舞うことが出来る人。
うらやましいですか?

人に対して明るく、振る舞う、そして、人を笑わせることも
出来る人とは、どのような心理なのでしょうか?

1 もともと明るい
天然というか、素というか、もともと根っから明るい人はいます。
無理をせずとも、その天然の素質を発揮されているのでしょう。
また、もちろん、家庭内も明るく、笑顔が絶えない家庭で育たれたのかも
しれません。

2 目立ちたい
目立ちたい。自己顕示欲。
明るく振る舞い、人を笑わせることが出来ると、人は寄って来ます
そして、明るく振る舞うことが出来る人は、リーダー的な存在、立場にもなれます。
自分がリーダーのポジションを取りたい、目立ちたい。
この気持ちの強さから、明るく振る舞われる方もおられるでしょう。

3 何とか場を盛り上げたい 心理的習慣
シーンとした空気が苦手な方もおられます。
場が盛り上がっていない、暗いのは自分の責任ではないだろうか?
このことを自問自答される方もおられるでしよう。
でも、なぜ自分がその場を盛り上げなければならないのか?
盛り上げ役を、背負わなければならないのか?
考える必要があります。

もしかしたら、家(家庭内)でも盛り上げ役だったのでしょうか?
家の中が暗いと、居心地の悪さを感じ、
家を明るくすることが、自分の役割であると、無意識に思ってしまったのかもしれません。
その延長を、成長した今も、果たしておられるのでしょうか。

4 笑わせて 人を助けたい
過去、いろいろあって落ち込んでいた時があった。
そして、その状態を様々な方の笑顔から元気を頂き
立ち直った。
今度は、自分が笑顔で人を癒したい。恩返しがしたい。
立派なお気持ちです。

5 無理してキャラを演じる
明るく振る舞うキャラを無理をして演じる。
そうしないと、仲間に入れない、自分の知らないところで

悪口を言われているのではないか
この不安。

だから、無理してキャラ変をして、自分とは全く異なる性格の自分を演じる。
確かに、今の世の中、昔と違い、裏で何を言われるのか、分からない不安は高いですね。
ウラアカ。恐ろしい。

でも、本当の仲間、友達って何なのだろう。