キャラ変をしたい心理&強引なキャラ変は自己を滅ぼすこともある

人が自分のキャラを変えようと思う理由は、4つ考えられます。

1 自分に対する違和感

社会生活において、周囲の人に対して、自分が取っている行動・態度に
違和感を感じる。
何か自分じゃない、感覚がある。
だから、自分がスキッとした、納得出来る自分でいたい。
そのため、キャラを変える、性格を変えたい。
この動機からチャレンジされる場合があります。
様々な試行錯誤を繰り返して、自分に合った、キャラを身に付けられることでしょう。

2 周囲に合わせる

周囲に合わせられない自分がいる。
周囲とのコミュニケーションにおいて、自分が合わせられない悩み。
うまく周囲に入っていけない。展開の早い、コミュニケーションの輪に入っていけない。
暗いと思われているのではないか不安等。

周囲に合わせるために、キャラ変、性格を変えようとする場合もあります。
周囲と打ち解けられず、壁を感じるのも辛いでしょう。
但し、過剰適応には注意です。
その場、その場に合わせ続けますと、何が自分なのか分からなくなる
リスクがあります。

3 周囲に対して、高い理想を掲げた自分を打ち出そうとしている

社会や周囲に対して、自分はこうあるべき、こう振る舞うべき、
このようなポジションであるべき、理想に基づき
キャラ変、性格を変えようとされる場合もあるでしょう。
問題は、その理想が実現可能なものか
または、キャラ変が自分を苦しめる、

無理をしなければならないものではないかどうか
検討する必要があります。

4 周囲に壁をつくる

以前周囲に合わせ過ぎて疲れた、陰口、いじめられた等の経験がありますと
目立たない存在でいよう、ちょっと隠れキャラ、地味目でいこうと思われる
こともあると思います。
自分を周囲の攻撃から防御するためです。
しかし、周囲に壁をつくると、またそのことが原因で、
ややこしいことに巻き込まれることもあります。
自分を守るためのキャラ変にも、注意が必要です。

さて、キャラ変について4つ書いてきました。

キャラ変のなかでも、周囲に合わせて、明るく振る舞いたい心理の注意点は

前述しましたが、強引なキャラ変は、自己を滅ぼします。

〇タイトル 強引なキャラ変は自己を滅ぼすこともある

自分とは真逆の性格の自分を演じる。
常に明るく振る舞ったり
常に人に合わせ続けたり
等々。

強引なキャラ変は自己を滅ぼすこともあります。

それは、本当の自分の話したいこと、感情表現、やりたいことではないことを
無理にし続け、その結果、
自分が何を思っているのか、考えているのか、やりたいのか等
自分を見失ってしまうのです。
他者に強引に合わせ続けた結果です。

強引なキャラ変は自己を滅ぼすこともあるのです。
強引なキャラ変は、自己喪失につながることもあるのです。

社会生活を営む以上、多少は他者に合わせる必要もあるでしょうが
必要以上に、無理に合わせると、自分自身の問題へと発展しますので
注意が必要です。