探し物をする時 焦りと深呼吸

探し物をする時。
時間がないのに出てこない。
イライラしてきます。

ない、ない。
と思って探す。
この気持ちで探すと、探し物が出てこない時が多々あります。

逆に、ある、ある。
と思って探すと、案外探し物が出てくることがあります。

想いが現実をつくるのでしょうか?
いや、簡単なトリックです。

探し物はある、ある、きっとある。きっと見つかる。
と思っていると、気持ちはさほどイライラせず、冷静になります。
そうしますと、探し物を最後に使ったのがいつであったか等、振り返る余裕がうまれます。
そうすると、ここに収納したとか、置いたとか、思い出せるのです。


ない。ない。と思って探すと、イライラ感が高まり、気持ちの余裕もなくなり、思考レベルが落ちてしまい、結局は見つからないとなります。

焦らないこと。
落ち着くこと。

そのためには深呼吸をして、探し物しは必ずある、大丈夫と思って探すことが大切です。

さて、私は成育歴の問題からでしょうか。
急げ、早くしろと自分に無意識に命令することが多く、その結果、イライラする時があります。

無意識にイライラしているので、この時大切なことは呼吸を深くすることです。

空を見上げると、気持ちが落ち着き、イライラやネガティブな気持ちがスッとひいていく経験は、多くの人が経験されていると思います。

空、青空、夕焼け等綺麗です。
この景色、視覚的効果から気持ちが落ち着くのは当然ですが。

空を見上げる時、私たちの顔の向きはどうなっているでしょうか?
少し上を向いています。
これが何を意味するか、気道が確保されて、呼吸が深くなっているのです。

したがって、イライラしている時は、空を見るのと同じ姿勢、少し顔を上に上げるだけでも、呼吸が深くなり、イライラ感は減ると思います。

呼吸と心は密接に結びついています。

さて、呼吸について。
お腹一杯に息を吸って・・・。

私はお腹一杯に息を吸う、空気を吸おうとしても、逆に苦しくなります。

私が深呼吸、息を多めに吸う時は背骨、腰の付け根(お腹の反対側)に空気を送り込む感覚で息を吸うと、深呼吸が楽に出来ます。

これは、感覚ですが、
私の深呼吸の方法、感覚をお伝えしました。

スタンフォードの自分を変える教室、を読んでいます。
呼吸についての記述もあり、私にとっては有益な本です。