愛着の問題か

私は小学6年生まで、くまのぬいぐるみを6匹持っていました。
ぬいぐるみで遊ぶことはないのですが、就寝時、縦に3匹づつ置いて、両側をぬいぐるみで固めていました。

ぬいぐるみに守られている感覚。
さびしさを紛らわす感覚もあったのでしょうか。
(私の両親は夕食時には揃っており、物理的には孤独はないのですが、心理的に孤独だったのでしょう)。

さて、ぬいぐるみとは不思議なもので、その顔をじっと見ていると、昨日は淋しそう、今日は楽しそう等、顔が微妙に変化している感じを受けます。

実は、本人(私)のその時の気持ちが、くまのぬいぐるみの顔に反映されているでしょう。
そして、ぬいぐるみを、ぐっと抱きしめている子がいるとしたら、本当はその子が抱きしめてもらいたいのだと思います。

ぬいぐるみを手放さずに、ずっと、側に置いている子は、愛着に問題があるという説が日本ではあります。
それは、成長しても、年相応の親への愛着離れが形成されておらず、ぬいぐるみに対して愛着を求め、深めているのだそうです。

一方、海外では子供が成長してもぬいぐるみを側に置いたり、遊んだりすることは、親に対する愛着が成長して、ぬいぐるみを愛する心理が形成される。したがって、ぬいぐるみを自分の愛する対象として遊ぶという説もあります。

諸説、どちらが正しいのか分かりませんが・・・。

しかし、これらの説を考える場合、その国の文化を意識、考慮する必要があるでしょう。

親からの子供の個の確立(独立)は、日本では遅く、海外(アメリカ)では早い。

顕著な例え、日本の親子は川の字を描いて寝ますが、アメリカでは、子供は幼い頃から自分の部屋が与えられ、夫婦の寝室に入って来ることはありません。
(映画を見ると、このシーンはよく見られることと思います)。

したがって、心理的に親離れする年齢が、日本とアメリカでは違うのでしょう。

日本の親子関係は依存型が多く、いつまでも親元に子供が居ることが許されますが、アメリカは自由と独立の国。
早く親元を離れ、一人前になることが国民気質としてあるようです。
(現在の不景気のアメリカにおいて、この伝統が守られているか情報不足ですが)。

また、成人した子と親が一緒に旅行に行っても、日本人の親は多めに費用を負担して、アメリカでは子供が多めに費用を負担する。
これは、自分が自立、一人前であることを証明するためです。

このような、親子関係、愛着関係の相違が、そもそも、日本とアメリカでは違います。

子供が、ある程度成長して、ぬいぐるみと遊んでいても、日本とアメリカでは文化の根底が違うので、日本の子供は成長云々に神経質になる必要もないように感じます。

それから私は、子供とぬいぐるみの関係において、「愛着の問題があるような」という曖昧な表現を使いました。

「愛着障害」という言葉は使っていません。