お金 不安と焦りは冷静さを失います

人はお金には弱いものです。
弱いというのは、言い過ぎでしょうか。
お金は、人が生きるためには必要なものですから。

やはり、お金がないと不安を感じます。

できるだけ、お金は欲しいものです。

一般的には、妥当な考えだと思います。

そして、人はお金に対する不安、危機感を抱きますと
そのお金を少しでも増やしたいと思う気持ちが強まります。
この気持ちから、どうしようかと悩み、焦り、イライラ感が強まります。

そうすると、どうなるか
冷静に判断をすれば、そのことに、お金を出さないであろうということに対して
お金を出してしまうのです。

その結果、さらにお金を失うことにつながります。

人は不安、焦りから、冷静さを失って、お金を増やそうと、お金を出し続けると
結局、お金を失い、自己破産等に追い込まれる可能性も高いのです。

また、自己破産から自分を責めて、うつ等になってしまうこともあります。

会社経営者が不況から無理な販路拡大に挑み、結果、倒産を招く
報道等で知るところでもあります。
でも、この経営者の思いの中には、従業員(家族含む)の生活を考えているからこそ、会社を存続、利益を上げ続けなければならないという
重い責任感のゆえかなと考えます。

でも、やはり人はお金が減ると、その焦りから、投資等行い
お金を増やそうとしますが、結局は、逆にお金(資産)を減らす結果を
招いてしまうことが多々あります。

焦りと不安から、冷静さを失うことなく、お金には慎重に対応
しましょう。

今あるお金で、何とか暮らしていけるのであれば、

それで、良し、としてもいいかもしれません。

間違っても、わけの分からない、根拠不明の儲け話に

のらないように。