真の自由とは

私たちは自由を満喫しているのでしょう?
自由。
何をしても自由。

このような自由の世界に私たちは生きているのでしょうか。

残念ながら、私たち、日本人の自由行動は、法律等制限内においての自由です。
法律という制限を破った行為は違法行為となり、それを自由とした者は収監され、自由を奪われることでしょう。
法治国家においては、何でもやりたい放題の真の自由は存在しないのです。

では、真の自由を求めるのであれば、どこに行けばいいのでしょか?
無法地帯。
確かに法の縛りは存在しません。何でも、やりたい放題のようです。
しかし、残念。
無法地帯は弱肉強食の世界、強者が弱者を支配します。すなわち、強者が法なのです。
これでは、安全な治安国家で自由を満喫している方が良いのではないでしょうか。

それでは、真の自由を求めてどこに行くか。

無人島。

しかし、この無人島には1人で上陸しなければなりません。
結局のところ、人が2人以上存在すると、お互いのプライバシー、権利が発生して、それを守るために、ルール、秩序が必要となるのです。

人が同じ空間に2人以上存在すると、真の自由は味わえないのです。

結論から書くと、私たちには真の自由は存在しないのです。
自分以外の人が存在する限り、そこには必ず、ルール、秩序、法が在り、私たちお互いを守る、社会システムをつくるのではないでしょうか。

自由とは制限の中にのみ存在するのです。