父との最期

父は2月に余命1ヵ月の宣告を受けた後、奇跡的に回復をして3月中旬、いったん退院しました。
その後、抗癌剤治療を受けましたが、小細胞癌の転移スピードは早く、6月中旬、再度入院の事態になりました。

父への最後の言葉 6月30日 (水)

昼から京都のヒーラーに会うために出かける。
私の今後や父のこと等について話す。

ヒーラーより、いつもクライエントの方の変化の「可能性を信じて」セッションを行っていると伝えられた。

確かに。
セッションに限らず、どのような時でも、「可能性を信じる」ことは大切だと思う。

セッション終了後。
父の入院している病院に見舞いに行った。
少し話す、随分弱気になっているなと感じた。

病室を出る直前、私は「よくなる可能性を信じて」と父に言葉をかけた。
私が父に伝えた最後の言葉。
父は心が動いたようで、泣いていた。

そして私が病室を出る際「また来てや」と一言。
この言葉が、父から聞いた最後の言葉となった。

しかし不思議だ。
私が京都のヒーラーから聞いた「可能性を信じて」、この言葉を、即父に向かって伝えるとは。

そして、私は感じた、私が見舞いに行くといつもは「忙しいだろうから、来なくていいよ」と言っていたが、今日に限って「また来てや」・・・。

おそらく自分の運命を感じていたのであろう。

〇最後のコンタクト 7月8日 (木)

ここ数日、父の意識は混沌としている。
ベッドから無意識ではあろうが、起き上がろうとして、少し体は起き上がるが、結局は倒れてしまう。
しかも何度も何度も起き上がろうとしては倒れる。

意識は混沌としながら、何度も起き上がろうとしては倒れていたが、奇跡が起こった。

起き上がろうと体を起こした瞬間、私と目が合った。
そして私の方に手を伸ばしてきたのだ。
そして握手をする。
また父は倒れる。
でもまた起き上がろうとして体を起こして、私に手を伸ばしてくる。
3回父と握手をした。

一瞬意識が戻り、私を認識したのだと思う。

しかし、その後はまた体を起しては倒れる、これの繰り返しであり、私と目が合っても、もう私は目の中に入らないようだ。

この握手3回が、父との最後のコンタクトとなった。

その数日後、永眠。
父とは45年のお付き合いでした。

〇父の最期 シンクロニシティを振り返って

父の最期を巡る私の話しは、昨年10月、占い師との出会いからはじまっています。
そして、2月京都のヒーラーとの出会い。

この2人との出会いは、父の最期に際して、私が平静さを保つために出会ったのかもしれません。
実際、父と最後の言葉を交えて以降、この2人とはお会いしていない。

出会った直前は何のための出会いかは分かりませんでしたが、振り返ると、やはり必然の出会い、シンクロニシティ。

また、父の余命についても、医師の診断より、2人のヒーラーの方が的確であったことも、私には不思議でした。

いずれにせよ、お世話になった方々のお蔭で、私は心乱れることなく、いることが出来ました。

また、仕事については、4月よりスタートと3人の方に言われたので、その言葉を信じて、心理カウンセリング(心理オフィス ステラ)、一本に専念しはじめました。

この年、2010年は節目の年だったのでしょう。

〇今は2017年、10月末。

父との思い出、小学1年、2年の京都御所でのセミ取り。
この想い出が、悲しいほど、なつかしい。