母との最期の会話

手術は無事成功ということで、見舞いに行った。
(この翌日、母は亡くなるのですが・・・)。

腰の手術は成功したが、今は動けない状態。
問題はこの後の、リハビリにある。
リハビリ中、動き出すと、持病から何が起こるか分からない。

この時、母から頼み事をされた、汚れ物を洗って、持って来て欲しいというものだった。

私は不愛想に、期限を聞いたが、とくに、期限はないとのこと。
いつ持って来るか、家に帰って考えよう。

その後、担当医が病室に来て母を診察。
私は病室から出され、診察後、廊下で担当医と話す。
明日からリハビリをはじめますとのことだった。
その後、2週間程で退院とのことだ。

さて、その後、病室に戻って、不思議な光景を見た。

病室に戻ると、母がベッドに腰かけて座っていた。

その時の光景、母が神々しく光って見えた。

これは、窓から陽の光が入り込み、病院のブルーの病室着に光が反射して起こった現象ですが、あまりにも眩しく・・・。
不思議で、未だ忘れられない光景。

その後、家に戻るため病院を出たのですが、携帯を病室に忘れていたことに気がつき、病室に戻った。
母の携帯と私の携帯は、デザイン、色が似ており、私が病室の、私の携帯を持って帰ろうとしたところ、母が「それ、私のと違うの」と尋ねてきたので、「違うわ」と一言。

これが、母との最期の会話です。

「違うわ」。
そう、違うのです。
子供時より、私をいろいろと否定、決めつけ、母とは因縁のようなものがありました。

私の思っていることと違う、勝手に決めつけるな。
違う、違う、違う。
多々あったと思います。

最後に母に言った言葉。
「違うわ」。

私と母の関係を象徴する言葉であったようにも思います。

さて、家に帰って考えた。
預かった、洗い物をいつ持って行くかだ。

3日後程度でいいかなと思ったが、テレビを見ていると、台風がその時、関西を通過の予定と放映していた。

であれば、今日洗濯、明日持って行くことにした。

台風については、関西を直撃せず、関東に向かいました。