会社を退職して15年

会社を退職して、15年4カ月が経ちました。
在職期間が、14年3か月。
気がつけば、退職後の期間の方が長いのですね。

退職を悩みはじめたのは、37歳の春。
私が会社を退職した理由は様々です。

仕事が自分に合わなかったこと。
熱意がなかったこと。
会社にいて定年までのヴィジョンは描けたのですが、それを受け入れられなかったこと。

さらに、自分には他にやりたいことがあるのではという疑問。
自分の人生を生きていない。
一度は自分で自分の人生、自分決めなければ・・・。
後悔するぞという気持ち。

これらの思いが交差しました。

しかし、会社勤めの一番の魅力は経済の安定です。
これを捨てることが出来るのか?

退職を悩み出してから、退職に至るまでの3か月。
不安と悩みから、毎日酒浸り。
結局は、体中(魂)から、
「この仕事をしていては、人生を失う」と声が聞こえてきました。

この声を聞いて、不安はなくなり、逆に不思議に安心感を得、退職を決定しました。

退職して15年。

今はあの会社に入社して良かった、という思いです。

まったく人と話しが出来ない私を受け入れ、育てて頂いた。

思い出は
飲み会、100時間残業(1か月)。

また、良い人達に恵まれたと思います。

この会社での経験は、私の人としての基礎作りの期間であったと思います。
機能不全家族の出の私は、人としての基礎、対人関係力、会話力、思考力、自発性が培えていなかったのです。

終わったこと。
思い出。

心静かに、感謝。