プールの思い出

確か、中学生時だったと思います。
私は基本的に運動が苦手な子でした。

さて、水泳の時間、いつもは、10メートルも泳げれば良い方なのですが、この日は、泳いだ記録を測る授業だったのでしょうか?
記憶が曖昧ですが・・・。

私も頑張って泳ごうと決意したのか、何と50メートル、泳げたのです。

しかも、他の生徒たちの、「頑張れ-」という多くの声援を受けて。

あれ、私って嫌われていたのではなかったのかな?
(誰とも話さず、暗い顔をしていましたから)。

でも、皆が応援してくれたことは確かです。

嬉しい記憶でもあり、以外な記憶でもありました。

今の子達に比べて、昔の子供は優しかったのでしょうか?
私の子供時は、いじめ、という問題は顕在化されていませんでした。

もちろん、陰口等はありましたが・・・。

あまり批判的なことは書きたくありませんが、スマホもLINEもなく、平和な時代であったように思います。

この話しが中学生の頃だとしたら、昭和50年代前半のことです。