防衛機制 私たちを守る心のしくみ-1

私たちは何か欲求不満や葛藤の状態、もしくは不安、攻撃性、性的欲求が高まりますと、自己を防衛するため、社会生活を今まで通りおくるためにも、様々な自己防衛の反応をします。それは無意識的に防衛しているのかもしれません。
そして、フロイトはこれを防衛機制、ディフェンス・メカニズムと名付けました。

では、防衛機制の数々を今回、次回と見ていきたいと思います。

① 「抑圧」
上述した様々な心の状態を意識に上らないように無意識へと押さえ込みます。
無意識化されるとその心の問題じたい体験している本人は気がつかないことが多々あります。
例えば、職場で上司から怒られた場合、部下はその上司に対して反撃したいのですが、それでは会社生活はおくれません。そこで、その攻撃性を感じる前に無意識へと追いやることによって上司の叱責を平然と受け入れるのです。
また、子供が常に親から叱責されている場面を考えてみましょう。子供はその家庭で生き残るために、親の叱責を受け入れるのは当然と、叱責からくるすべての感情を抑圧してしまうかもしれません。
自分の感情を抑圧し続けるというのは、自分が何を感じているのか等慢性的に分からなくなり、また、自分のことを自分で考える能力、意志決定能力の欠如等、人生の様々な局面で生きている実感を喪失する事態になるかもしれません。

② 「逃避」
抑圧だけでは処理出来ない問題に対して、逃れようとして取られる行動です。抑圧出来ない対象は主に不安です。(抑圧出来ないということは、何か不安を感じいることを意識していることになります)。

逃避は次の5種類に分かれます。
a 退避
b 現実への逃避
c 病気への逃避
d 空想への逃避
e 子供時代への逃避

a 退避
不安な場面に直面することを避ける場合です。例えば学校で大勢の前で発表する機会があることが事前に分かっており、その日は休む等。不安への直面を避けます。これが続き習慣化しますと、人生において永遠に出来ないものを作ってしまいます。
また、あらゆることに退避をし出しますと、ひきこもりの状態ともなり社会と断絶してしまいます。

b 現実への逃避
直面する事態を避けて、それとは直接関係のない別の行動に没頭します。
大学受験に不安を感じて勉強を避けて趣味に没頭する、夫婦仲の危機の夫が仕事に没頭して家に帰ってこない等です。

c 病気への逃避
仮病とは違い、本当に不安等から病気になってしまいます。
不安だけではなく、長時間労働の疲労やストレスからも病気になります。
文献では逃避という言葉が使われているのですが、限界の身体反応と考えれば逃避という言葉は使わない方がいいかもしれません。

d 空想への逃避
空想の世界へ逃げ出します。ネット、ゲーム、漫画等架空の世界に入り込んだりします。または、自分の空想の領域も含みます。

e 子供時代への逃避
退行と呼ばれています。おねしょをしたり、赤ちゃん言葉を使ったり、子供がえりすることで、今の問題から逃避します。子供がえりするということは、不安の対象から守ってくれる何か(母性等)を求めているのかもしれません。

③ 投射・投影
自分の弱点、自分のなかの容認しがたい欲求、感情を相手が持っていることにして責任を転嫁する防衛です。
例えば自分が嫌いと思っている人に対して、相手が自分を嫌っていると思い込んだり、自分の負の感情を相手が持っていると思い込みます。その結果自分勝手な攻撃心を持つこともあり、ひどくなると妄想の領域に入ってしまいます。
または、恋愛において自分の好きというプラスの感情を、相手も持っていると勝手に思い込み、ひとりよがりな恋愛に夢中になることもあります。

④ 取り入れ
両親や文化が期待する、もしくは期待するところを自分の内部に取り入れ、いつしか、それは外からのものではなく、自分の内に元来あったもの、自分自身のものと見なす防衛です。
周囲からの保護を失ったり、拒否、処罰、孤立化を防ぐために、周囲の期待に沿う行動をすることで不安を解消するのです。
学校での集団でのいじめは周囲の学生の考え、振る舞いを自らに取り入れ、いじめる側としていじめをを行い、いじめられる危険から自己の安全を図っているのかもしれません。

⑤ 同一視
ある特定の対象者の考え方、感情、行動等を無意識的に取り入れ、その対象と同じように振る舞う傾向になる心理過程です。
権威のある人物と自分を同一視して、服装、言動を表面的にまねて偉そうにしてみたりします、同一化することにより自己価値をあげる目的もあります。
好きなアイドルと同じように振る舞う、尊敬する先生の真似をする等。
また、よくある例としてDVの夫は子供の頃その父親からひどい虐待を受け恐怖心を抱いていました。
そして、自分が成長するとその父と無意識のうちに同一視を図り妻に暴力を振るいます。