存在の認知 なぜ彼女は忘れた頃にポカミスをして怒られるのか

人とは他者よりの承認、認知なしには生きていくのが難しいものです。
家族、学校、職場においても、集団に所属して誰とも話さない、交流しない状態で過ごすことは出来るでしょうか。

もしそれが出来るとすればよっぽど孤独の好きな人か、1人にこだわる信念の強い人でしょう。

人の存在認知、褒めることを心理学、交流分析ではストロ-クと言います。ストロ-クとは心の栄養源とも言われています。そして、ストロ-クが多ければ多いほど人生は豊かになると言われています。
言い換えると、お互いの存在を認め合う、尊重しあえる人間関係が築ければ築けるほど、人は豊かになれるということでしょう。

さて、美子さんは24歳、入社2年目の事務職の女性です。
彼女はなぜか順調に仕事が進んでいる時に考えられないようなポカミス、失敗をしてしまい、周囲を唖然とさせたり、怒らせるのです。
例えば事務の仕事が数週間ミスなく進んでいると思えば、単純な足算を間違えて書類を作ったり、0を2つ欠落させて伝票を書いたりしてしまいます。
仕事については必ず先輩、上司のチェックが入るので美子さんの単純なミスは発覚するのですが、周囲の人はなぜ美子さんがこんなにも単純なミスをするのか理解出来ません。
普段は注意を払って仕事をしているようですが、考えられないミスを忘れた頃にするので、それも定期的に・・・。

美子さんは自分でもなぜ、このような考えられないミスをしてしまうのか分からず、カウンセリングに来られました。
仕事についての一通りの話しを伺ったあと、過去、子供時についてお話しを伺いました。

彼女は子供時親が忙しくてなかなかかまってもらえず淋しい日を過ごしていたそうです。
幼い時より遊びに連れて行ってもらった記憶はなく、また小学校時親は勉強を頑張っても褒めてくれず無反応。そのような親の態度に失望をした美子さんはテスト用紙に回答を書くのがバカらしく思え敢えて白紙で提出しました。
そのことを学校の先生から報告を受けた母親は凄い勢いで、美子さんを叱ったそうです。

彼女は言いました。
「初めて親に認めてもらった」と。

今まできちんと構ってもらえず、存在を承認してもらえていないように感じていた美子さんにとって、親の叱責ははじめての存在承認の経験のように感じたのでした。

美子さんはもともと努力家で勉強も出来るタイプです。この後しばらく力を発揮してテストの点が高い日が続くと、わざと極端に悪い点をとり、母親に怒られていたそうです。
いつもいつも悪い点を取るのではなく、高い点がしばらく続いた後、極端に悪い点を取り、親や担任教師を唖然とさせていたのでした。

これが小学生~高校時までの親に対して自己存在を認めてもらう方法だったのです。
その後大学では友達もたくさん出来問題なく過ごしていたのですが、今の職場、事務の仕事でポカミスの問題が出てきたのです。

お話しを聞いて分かることは、美子さんが自分の存在認知を怒られることに求めていることです。
恐らく、仕事におけるミスも、ミスをして注目されたい、認めて欲しいという衝動でしょう。怒られることが認めてもらうであり子供時と同じことをしているのです。
美子さんにこの点について確認をしました。
彼女は意識的にミスをしようとは思ってはいないと言いながらも、ミスをする前は不安を感じているようです。
それは、敢えて言語化すると自分はここで必要なのかな?いてもいいのかな?自分は評価されているのかな?という漠然とした不安です。

事務という仕事は出来てあたり前の仕事です。ミスがないのが原則であり、事務の仕事をミスなくしても、それによって褒められることはあまりありません。
ですから、美子さんにとって仕事から自己承認を感じること、他者に認めてもらっていることを感じとるのが難しかったかもしれません。

したがって順調に仕事が進めば進むほど、子供時と同じく自分は認めてもらっていないのでは、職場で認められていないのではと無意識に不安を感じ、子供時と同じ方法で他者からの承認を得ようとしたのでしょう。
すなわち怒られることでストロ-クを得ようとしていたのです。

子供時にパタ-ン化された存在承認の方法、それが今も自動的に継続されていること、そして事務の仕事の評価について(ミスがなくて当たり前)、カウンセリングを進めたところ美子さんは納得されました。

さて、物語形式で書きましたが、このお話しはいろいろな情報を集め、私が頭の中で再構築したフィクションです。

しかし、これに類するお話としては、子供が親から注目を集めるために、窃盗をする、暴走行為を繰り返す、自分が誘拐されたことを装う狂言等、事件も多々発生しています。

これらを引き起こした人は20歳を超えていた人もいますが、存在を認めて欲しい、とくに親に対してのこの思いは強かったのでしょう。

また、以前私が通っていた居酒屋では店主の息子で5歳ぐらいの男児が、店のたたみに座っている時がよくありました。看板男児でしょうか。
客が頭をなでたり相手をしているうちは機嫌よくしているのですが、客も酔っ払って連れと話しに熱中しだし、周囲から男児は放っておかれると、彼は自分が無視されていると感じ、認めて欲しいと思うのでしょう。
側にあるガラスのコップを床に投げて割ってしまうのです。
そうすると周りの客や大人がその男児に注目をします。
男児の欲求は満たされるのです。