自分に対する不適応

私たちが生きていくうえで大切なこと。
それは、「自分が自分を信じる」「自分が自分を信頼する」ということだと思います。
これは感覚的なものであり、言語で説明することは難しいです。

そして「自分を信じる」「自分を信頼する」という根底には、「自分はOK」であるという感覚が存在しています。
すなわち、「自分はNO」ではないのです。

「自分はOK」、これは自分が自分を認めていることです。
「自分はNO」、これは自分が自分を認めていません。

さて、私たちが生きていくうえで良好な人間関係を築くことは欠かすことが出来ません。
良好な人間関係を築くためには、「自分が自分をどう評価しているのか」という問題と「人間関係を築くスキル(学習)」の問題が存在します。

自分に対する不適応の観点から考えますと、「自分が自分をどう評価しているのか」ということが焦点となります。
すなわち、「OK」or「NO」。

「自分はOK」の感覚とは自分を認める、自分を信頼するということですので他者との関係性において、自分がどう評価されているかを過剰に気にすることはありません。
まずは自分が自分を評価しているので、他者の評価をあまり気にする必要はないのです。

対人不安の方は他者からどう思われているかを過剰に気にします。
これは自分が自分を評価しておらず「自分はNO」の感覚を持っており、自己評価の基準をすべて他者に委ねているため、他者からの評価を過剰に気にすることになるのです。

自分が自分を認めないということは自分に対する不適応であり、自分の中に自分の居場所がないと言ってもいいと思います。
なぜなら自分のことを認められるのは基本的に自分だけなのですから。
その自分が自分を認められないということは、自分に対して厳し過ぎ、自分に対して不適応をもたらすのです。

また、自分に対して不適応ということは自分の中に自分の居場所がないということですので、その自分の居場所を他者の中に見出そうとします。

この典型的なパターンが、恋愛依存、共依存です。
すなわち不安定な自分の心が安定するために他者を必要とするパターンです。
相手との関係性が自分の居場所であり、その居場所を失うことを極端に恐れます。
ですから様々な方法を用いて相手を縛ろうとします。

そして彼らは「淋しい」という言葉を口にします。
これも、自分の中に自分の居場所がないことから来ると思います。
自分の心の中に穴があいており、その穴を誰かに満たして欲しいのです。

自分に対する不適応。
不適応の根源は自分が自分を認めていない、評価していないことです。
「自分はNO」。
ですから、自分が自分の中にあるべき自分の居場所がないのです。
(これは言葉を換えると、自分が自分を受け入れていない、自己受容の問題です)
そのために他者評価を過剰に気にしたり、他者との関係性にしがみつこうとする傾向があるのです。

自分が自分を認めていないと、自分を信頼していないと他者との良好な関係を築くことが難しく、また自分を信じていないので未来に対する漠然とした不安を感じてしまいます。

自分に対する不適応の問題の改善は、自分を認めることです。
そして自分の中に安全な自分の居場所をつくり、自分と適応するのです。
そうすると、自分に対する自信や自己信頼感を獲得出来、「自分はOK」の感覚を持つことも出来ると思います。

さらには他者との良好な人間関係を築くことが出来、未来に対しても何とかなるという自己効力感を持つことも出来るでしょう。

生きるうえで大切なこと。

自分を認めること。
自分に優しくすることです。