悩みすぎに注意

何かを選択する時、複数から何かを選ぶ時、人は必ず考え、最適と思われるものを選ぼうとします。

しかし選ぶ際に考え過ぎると、悩み過ぎる状態に陥ります。
悩むことじたい問題ないのですが、同じことでずっと悩んでいると、心理的、精神的に疲れ、しんどくなってくるでしょう。

そして、悩み過ぎる、一番の問題は

自分が何を悩んでいるのか、分からなくなってしまうことです。
さらに、あまりにも悩み過ぎると、悩み過ぎから体調や健康な心理状態を崩し、精神疾患、病気になることも考えられます。

また、悩み過ぎると、悩むこと、選ぶことばかりに思考、エネルギーが使われ、自分が本当は、その選んだことで何をしたいのか、どのような状態になりたいのか等、悩みのもとである、選択のもとである、本質的なことを忘れてしまい、選ぶことだけに悩み続ける状態になることもあります。

これは、選ぶこと、考えることに執着して、分の本当の心、望みを置き去りにしてしまい、結局自分は何をしたかったのか、本来の目的さえ、忘れてしまうこともあるのです。

悩み続けること、悩みに執着し続けことは、本来の何か、大切なことを、忘れてしまうことにつながるのです。

もし、悩み続ける苦しさから解放されたければ、以下の手段が有効かもしれません。

1 思い切って、エイヤーと決めてしまう。
  その選択が人生やお金に、大きく影響しないものであれば・・・。
2 自分が何を悩んでいるのか、冷静に分析する。客観的視野を取り入れる。
  本当にそこまで悩み続けなければならない選択なのか・・・。
  誰かに相談してもよいかもしれません。
2 悩みから離れる。
  すなわち、選ぶことをいったんやめる。そして、冷静を取り戻し、時期を見て再度選択する。

いずれにせよ、悩み続けると、決められないことよりイライラが増し、冷静さを失い、その結果、日常の他の選択判断、行動にも影響を及ぼすので、注意が必要です。