何でも勝手に決めてしまう彼 どうして相談してくれないの(恋愛相談)

カップル、夫婦の関係において彼が何事も勝手に決めてしまう。
相談をしてくれない。
意見をしたら怒られ、罵倒されたという悩みの相談を受けることが多々あります。

ではなぜ彼らは自分1人で決めて、意見を言う彼女に対して怒り罵倒するのでしょうか。
3つ考えてみましょう。

1 自分が偉いと思っている
2 自分が決めなければと思っている 過剰な責任感
3 誰も自分のことを分かってくれないと思っている 慢性的な悲しみ

1 自分が偉いと思っている
これはどうしようもありません。自分が偉いので人の話しは聞くに及ばず。自分に従えということでしょう。人を支配するタイプです。
この場合男性の人格に大きな問題があると思っていいと思います。

2 自分が決めなければと思っている 過剰な責任感
何ごとも自分がしなければならない。自分が責任を負わなければならないと思いこんでいます。
ですから、責任を果たすため、自分1人で考え判断をして決めてしまうのです。子供時頼りにならない親がいて、親に相談することが出来ず、何事も自分で考え決めてきたのかもしれません。
人に相談をするということを知らないのかもしれません。

何事も自分で決め、彼女を引っ張っていくことが自分の責任と思っている傾向もあります。
または彼女に相談したところで、過去の頼りない親と同じく、相談なんて無駄なこと、自分がしっかりしなければと思い込んでいるのかもしれません。

いずれにせよ、キーワードは「自分が何とかしなくては」という過剰な責任感なのです。
そして、これだけ頑張って悩み抜いて決めたことに対して、彼女から意見をされると、「お前は何もしていないくせに」と怒りモードに突入するのでしょう。
でもこれもそれも、彼が何でも自分の責任と1人で責任を背負い込んでしまうからなのですが・・・。

3 誰も自分のことを分かってくれないと思っている 慢性的な悲しみ
子供時より親に相談しても無視され続けますと、自分のことなど誰も相手にしてくれない。相談しても聞いてくれない、無駄という諦めの気持ちを持ってしまいます。
前述の「自分が決めなければと思っている」タイプにおいて相談をしないのは、責任を果たすため積極的に自分1人で決めようというタイプですが、こちらは「誰も自分のことは分かってくれないという」諦めのタイプなのです。

親に常に無視され続けますと自分のことなんて誰も構ってくれない、相手にしてくれないと自己軽視の傾向が生じます。
特に大切なことを相談したいのに無視された経験がありますと、自分のことを分かろうと思ってくれる人はいない、誰も自分のことを分かってくれないと思い込んでしまいます。
したがって彼女に相談しても、自分の相談を真剣に聞いてくれないのではと不安を感じ、子供時と同じく相談したいけど相談しても拒否されることが怖く、何ごとも1人で決めてしまうのでしょう。

このタイプの人は否定に敏感で、彼女とのちょっとした意見相違においても、自分は否定されたと感じる傾向があります。

さて、3つの相談をしないで勝手に決めてしまうタイプをみてきました。

1の「自分が偉いと思っている」これはあまりひどいと人格の問題になります。
すなわち自分が一番であり、勝手に決める(決定権は自分にある)以外にも、常に人を支配しよう、利用しようとする傾向があると思います。
常に自分が偉く、自分の思う通りに人を動かすことに専念しており、他者との軋轢は力でねじ伏せようとするので、生き辛さや苦痛を感じない傾向がありなかなか改善は難しいと思います。

2「自分が決めなければと思っている」、3「誰も自分のことを分かってくれないと思っている」。
共通して親子の疎遠の問題が根底にあります。
また、彼ら自身も相談が出来ないことにどこかで苦痛を感じており、決定したことによりパートナーと摩擦が生じることに悩んでいるかもしれません。

彼らに共通に言えることは、彼女、パートナーは親とは違うということです。
何もしてくれにかった親とは違うのです。
この部分をじっくり振り返れば、恋愛、夫婦の関係はよくなるのではないでしょうか。