夫婦のコミュニケーション

コミュニケーションとは何でしょうか?
人は何のためにコミュニケーションを行うのでしょうか?

目的は大きく分けて2つあります。


1 話し手のことを理解して、共感するため
2 話し手のことを理解して、問題解決を図るため

さて、夫婦のコミュニケーションにおいては、共感と問題解決が噛み合わず、コミュニケーション不全になることが多々あります。

結論から書くと、女性はコミュニケーションにおいて分かって欲しい、共感して欲しいことを求めているのに対して、男性はじっくりと話しを聞かず、すぐに問題解決に向けてのアドバイスを行うのです。

妻はじっくりと話したいのに対して、夫は少し話しを聞いてアドバイス、さっさとコミュニケーションを打ち切りたい様子です。

夫からすると妻の問題解決を図ったという満足感があるかもしれませんが、妻からすると話しを聞いてもらえず否定された、無視された悲しみを抱いてしまいます。
なぜならそもそも妻は、話しを聞いて欲しいだけなのですから。
問題を提議しているわけでもなく、アドバイスを求めているわけでもないのです。

共感して欲しい妻、アドバイスをしたがる夫。
女性と男性の違いです。
この事実は様々な夫婦の問題事例に挙げられています。

ではこの男女の違い、どのようにして乗り越えたらいいのでしょうか?

妻が夫はすぐに問題解決を図り、アドバイスをするものであると理解して、このことを受け入れれば、夫婦間のコミュニケーションの問題は解決するでしょうか。

もちろん解決します。
しかしその代償は高いです。

なぜならこの場合、妻は夫に対して、共感してもらうことをあきらめることになるからです。
共感とは女性の求めている重要な価値ですから、それをあきらめるということは、夫という存在そのものを、あきらめることになるのです。

すなわち妻が夫とは、話しが聞けず、共感してくれないものと受け入れることは、妻は夫をあきらめ、夫を受け入れないことにつながるのです。

期待を手放し失望の状態になるのです。
失望した妻は夫に期待せず、逆に夫に対して否定的になるでしょう。
結局、夫は妻に対してよかれと思いアドバイスばかりするのでしょうが、いずれは数年後、夫婦間の温度差に気付きびっくりする事態になるでしょう。

でも、もうその時は手遅れかもしれません。
妻は夫に失望して、失望が絶望や憎しみに変わっているかもしれませんから。

夫からすると、それでも長々と妻の話しを聞いて、共感する価値や大切さが分からないと言われるかもしれません。
夫が共感の大切さを理解出来なくても構いません。

夫・男性のなかには共感の大切さという価値観がなく、生きてこられた方も多々おられるでしょう。
但し、女性にとって共感とは重要である。
共感によって、妻は夫に受け入れてもらったという安心感を得るのです。
この事実を十分認識してください。

そして、そもそも人の話しを十分に聞かず、すぐにアドバイスを行うことは、人をバカにした行為であり、その背景には自己優越性の充足を求めているのではないか、ということも振り返ってください。

さて、共感して欲しい妻とアドバイスをしたがる夫。

妻に夫とはすぐにアドバイスをしたがるものと受け入れてもらうことは、妻の期待を満たせず夫婦関係の冷却につながります。
したがって、妻に夫とはアドバイスをしたがるものと、受け入れてもらうことを期待しない方が、良好な夫婦関係を築くためにはいいと思います。

それより妻は共感、話しを聞いてもらうことを期待しており、夫はそれを受け入れる存在であると考えた方が、夫婦関係はよくなるのです。

夫からすると疲れているのに長話しは聞きたくないという気持ちもあるでしょう。

1つの真実を書きましょう。

相手の期待を満たせば、自分の期待も満たしてもらえる。
受け取ることは、与えること。

妻の話しを聞いて欲しい、共感して欲しいという期待を満たすということ、それを受け取ることは、妻に満ち足りた感覚を与えていることであり、自分も妻に満たしてもらえるということなのです。

夫が妻の話しを聞く大切さ、お分かり頂けましたでしょうか。

お分かり頂けたなら、次のステップに進まなければなりません。

1 話しを聞く技術を見につけること。
夫、男性はじっくりと話しを聞くことが苦手です。
ですから、話しを聞く技術、スキルを身につける必要があります。
書籍もたくさん出版されていると思います。
また、コミユケーションのワークショップにも出席しましょう。

2 話しをする時間を確保すること
どれだけ話しを聞くことが大切と分かっても、日々の仕事でエネルギーを使い果たしてしまうと、家に帰って妻の話しをじっくり聞くことが、無理な状態であることもあります。

話しを聞くためには、相当なエネルギーが必要です。

ですから、いつ話しを聞くのか、話し合うのか、夫婦で話しをする時間を予め決めておくといいと思います。

コミュニケーションの質は、夫婦関係の質に影響します。
良いコミュニケーシュンを行っている夫婦は、良い夫婦関係を築くことが出来るでしょう。