失恋 思考と感情の乱れ

カウンセリングでの臨床の場、または、恋愛心理学に関する本等読みますと、恋愛において男性に振り回され続けた女性は、その付き合いを続ける過程において、思考と感情の乱れがみられる傾向があります。

自分でも何がどうか分からず、付き合い続けた方がいいのか、別れた方がいいのか、でも、本当は別れた方がいいことは、内心分かっているのだけど。
考えることは恋愛のことばかり、日常の自分を維持することが難しくなることもあるようです。

ではなぜ、そこまで思考と感情が乱れ、自分を維持することが難しい、混乱状態に陥ってしまうのでしょうか。

その前提として、女性にとっては、男性以上に恋愛というものが特別なものなのかもしれません。

さて、思考と感情が乱れて混乱に陥る原因としては、男性が「別れる」、「よりを戻そう」、「今度こそ幸せに」等。一貫性(突き放したり、近寄ってきたり)、のない態度で女性に接っし続けることが考えられます。

男性の一言、一言に女性は反応して、感情が振り回され、期待と失望の連続を味合わい続け、感情が落ち着かなくなり、思考も何が何だか分からない、混乱状態に陥ってしまうのではないでしょうか。

そして、この乱れから、「彼に執着する」ことが考えられます。
執着の背景には、散々彼に振り回され、激しい感情に揺らされ続け、思考と感情が混乱してしまい、「彼を失うと、二度と恋愛出来ない」不安を、強く感じてしまうことが考えられます。

しかし、今後、二度と恋愛出来ない根拠はなく、そのような事実はないと思いますが、彼より期待と失望を何回も味わされた結果、冷静な判断が出来ず、視野が狭くなってしまっているのかもしれません。

また、期待と失望の連続より、彼に対する執着も増し、彼を失いたくない気持ち、ここまで感情面で苦労させられた、だから手放したくないという、彼に対する思いも強いのかもしれません。

思考と感情が混乱して、今後どうして良いか分からない、また、彼のことが信頼出来ないけど、別れる不安の気持ちがある場合は、一度、別居して冷静な判断をすることをお勧めします。

彼と別れると、もう二度と恋愛出来ないと不安を感じるかもしれませんが、それは、別れ、喪失に対する、先取りの不安であり、不安に基づく感情、思い込みです。
二度と恋愛出来ない事実はなく、証明不能です。

信頼出来ない彼と一緒にいることが、自分の幸せにつながるのか、考えましょう。