結婚をしてくれないので別れました

今回は井上 豊さん30歳(仮名)よりのご相談です。

相談内容
私には3年間付き合ってきた女性(貴子)がいます。私は結婚を望んでいました。そしてプロポ−ズもしましたが、彼女はOKしてくれませんでした。また、同時に少し気になる女性(早百合)が現れ彼女と付き合いたいと思うようになりました。私は結婚出来ないのなら付き合う価値はないと考え、貴子に結婚しないならば別れると宣言をして別れました。同時に早百合にアタックしましたが見事に振られました。で、今悩んでいるのはもう一度貴子とよりを戻したいのですが、どうすればいいでしょうか?

なかなか難しいご相談です。まず、考えないといけないのは貴子さんが井上さんとよりを戻すことを望んでいるかどうかです。もう一つ、井上さんは本当に貴子さんのことを愛していますか?

井上さんにこの2点について考えてもらいました。
「まず、貴子については自分が別れると宣言した時彼女に泣かれたこと。それから、たぶん傷つけただろうから彼女は自分とよりを戻すことは望んでいないだろう。それから2つ目の質問については、まだ貴子のことは愛している」と、彼はきっぱり言いきりました。

彼の答えを聞いて私も1つ目の答えについては納得出来ました。(でも、本当は貴子さんに確認してみないと分からないことなのですが)ただし、2つ目の答え「まだ、貴子さんのことを愛している」というのには理解出来ません。今回のカウンセリングの中心はここになりそうです。なぜ彼は愛しているにもかかわらず、別れると言ってしまったのでしょうか?

もう少し井上さんに貴子さんと別れると決意をした時の気持ちを詳しく語ってもらいました。「貴子とは3年間付き合ったけど、俺が結婚の話しを持ち出すたびに彼女は返事をはぐらかす。俺はもう30歳だしそろそろ結婚をしたい。しかし、彼女が真剣に結婚のことを考えているようには思えない。このまま彼女と付き合っていたら結婚できないかもしれない。結婚をしないのならば付き合う価値はないと思った。そして、ちょうどそんな時早百合が現れた。彼女と付き合いたいと思った。でも今は貴子と付き合っている。2人と付き合うことは良くない。だから、結婚をしない貴子と別れて早百合と付き合おうと思った。でないと二股をかけたら早百合にも失礼だ」

井上さんの言っていることはよく分かりました。彼のポイントは以下3点です。

  1. 結婚しない女性とは付き合う価値はない
  2. 魅かれた女性にアタックするには、他の女性と付き合っていてはいけない
  3. 2人の女性と同時に付き合ってはいけない

→3つの女性に対する信念が存在しています。
では、1つづつ検証していきましょう。

  1. 結婚しない女性とは付き合う価値はない
    井上さんはそれだけ強く結婚を望んでいるのでしょう。しかし、ここに足らないのは愛という言葉ではないかと思います。井上さんが言っているように、まだ貴子さんのことを愛しているにもかかわらず別れの決断をしてしまったのは、彼の結婚しない女性とは付き合う価値がないという信念を愛より優先させたからです。この信念を最終的に取ってもいいのですが、もう少し余裕を持って彼女がなぜ結婚の話をはぐらかすのか、お互いにゆっくり話し合っても良かったように思います。
  2. 魅かれた女性にアタックするには、他の女性と付き合っていてはいけない
    潔いと言えばカッコいいのですが、まだ、早百合さんのOKを返事をもらう前に貴子さんを捨てる必要はなかったのではないのですか。しかも貴子さんのことを愛しているにもかかわらず。これも自分の信念を最優先として行動した結果でしょうが。結局早百合さんからはOKをもらえず貴子さんも失い何も残ってはいないのです。
  3. 2人の女性と同時に付き合ってはいけない
    確かにそうでしょう。しかし、これも早百合さんからOKをもらってから考えればいいことです。頭があまりにも先行しすぎています。

結局井上さんは今回のことから何を得たのでしょう。何も得ていません。すべてを失ったのです。私は井上さんの一番の問題は自分の信念を大切にしすぎて、自分の感情(愛)を無視しているところだと思っています。理屈と感情は別のものなのです。

今回の一連の出来事を整理しますと。

  1. 貴子さんが結婚を真剣に考えていないように見える。
    →貴子さんに少し嫌気がさしている。
  2. 早百合さんが現れた。
    →魅かれた。付き合ってみたいなぁ。
  3. 結婚しない女性とは付き合う価値がない。
    →信念優先。
  4. 貴子さんと別れた。
    →早百合さんにアタックするため。
    信念:魅かれた女性にアタックするには、他の女性と付き合っていてはいけない。
  5. 早百合さんにアタック
  6. 早百合さんに振られる
  7. すべてを失う
  8. 淋しい。もう一度貴子さんとよりを戻したい
    →貴子さんをまだ愛していたことに気がつく。
  9. しかし、それは出来ない。なぜならば貴子さんを傷つけたから。

井上さんの考え方の問題は、100%YESか100%NOを求めることです。
貴子さんのことにしてももうしばらく様子を見てもよかったし、早百合さんとのことにしても断られる可能性があるにもかかわらず、貴子さんを切り捨てたことです。あまりにも信念優先の完璧主義です。
それゆえに、自分の感情にまったく配慮をしておらず、すべてを失ってから貴子さんをまだ愛していたことに気がついたのでした。
しかも、自分の信念の実行のために貴子さんを傷つけてまで。思考・理屈優先で感情を見落とさないで下さい。
最後に私達を満たしてくれるのは、自分に正直な心なのです。