人生とは学習と経験と創造の場

私たちが人として成長するためには、何が必要でしょうか?
それは、経験と学習です。

経験と学習といっても様々あります。
家庭で親から教えてももらうこと。学校での勉強。部活で学ぶこと。習い事。友人関係から学ぶ、社会人として働き学ぶ。
これら、すべての学びを、経験と一言で置き換えることも可能であると思います。

私たちは経験より学ぶのです。

しかし、この経験、実に人様々な経験があります。
上述では生きるうえでき歓迎されるような経験を書きましたが、ひきこもりの経験、ネットゲーム依存の経験、ギャンブル依存の経験等、あまり社会的には歓迎されないであろう、自分の人生に苦しみをもたらす経験もあります。

また、人によっては解雇、倒産、病気等、避けがたい経験から学ぶこともあります。

人は様々な経験より学び、自分を理解します。
自分を理解するためには、経験が不可欠なのです。

そして、経験したことを、今後どのように活かすか、
このことを考え、行動することにより、新しい人生を創り出すことが出来るのです。

人生とは経験と学習の場であり、経験と学習を基礎として、そこから学んだことを、次にいかに活かすか、人生を創造することが出来るのです。

さて、心理学・カウンセリングにおいて、
例えば、人間関係の悩み。
人間がうまくいかないことを経験され、カウンセラーに相談されます。

カウンセリングでは、築けない人間関係において経験され学ばれたことを、今後どのようにすれば、もう少し楽な人間関係を築くことが出来るか、振り返り、再学習していきます。
また、新しい人間関係を築くためにどうするのか考える。これも学習です。

そして、カウンセリングで学んだ、学習したこと、もちろん自分で考えられたこと、本で読まれたこと等を、実際に人間関係その場において、実践してみる。


これが創造です。
すなわち、新しい自分をチャレンジ・実践して、新しい自分になるための経験を積むことにより、実際に自分を創っているのです。

そして、この創造には、前向きな態度、それを支える、自分は変わりたいのだ、という強い思いが必要です。

しかし、いきなり新しい自分を実践しても、うまくいかないことも多々あります。

その時は、その自分を受け入れ、チャレンジした自分を褒め、出来なかったことについては、振り返りを行い(これも経験と学習)、また創意工夫を凝らしてそして、再度チャレンジするのです。

このように、人生とは経験と学習の場であり。
経験と学習、その振り返りより、新しい自分を創る、創造の場でもあるのです。