子育ての経験がない人は成長しないのか

子育ての経験がない人は成長しないのでしょうか?
逆に書くと、子育ての経験は人を成長させるのでしょうか?
父母になることは、人としての成長をもたらすのでしょうか?

まず、このことを考える際に大切なことは、次の2つです。

1 子育ての経験とは何か。人によって子育ては違います。
2 人の成長とは何か。

1 子育ての経験とは何か。人によって子育ては違います。

人によって子育ての経験、子供の育て方は様々でしょう。
様々な子育てがあるにも関わらず、子育ての経験は人を成長させるとは言い難い。

それは、子供とどう向き合うか、いかに子供を育てていくか。
親の育児態度により、子供は成長して、様々な親子関係が展開されることでしょう。
その関係性により、子供から影響で親の成長の1つがあります。
また子育てに関連する、ママ友の付き合い、PTA、経済負担の多等、子供を育てるための問題は多いと思います。
これらの問題に都度、どう向き合うか。
向き合う態度も人様々。

子育てから得る経験は人様々であり、経験は人を成長させることは正論と思いますが、子育ての経験よりその人がどのように成長するのかは、人様々なのです。

子育てと言っても、皆が同じ経験をされるわけではないのです。

逆に子供がいなくても、人は様々な経験をします。
職場における苦労、働けない苦痛、様々な心理的問題、己の人生を賭けての経済的豊かさを手に入れる、快楽にふける人生。

子供がいようと、いまいが、人は様々なことを経験します。
これらの経験からも、人は学び、成長します。

したがって、子育てだけが経験ではなく、子育ての経験がないと、人は成長しないとは、私は思いません。

2 人の成長とは何か

前述しましたように、人は人生において様々なことを経験します。

他者からみたら、気楽に生きている人、幸せに生きている人のようにみえても、実は多々の心の葛藤を抱えていたり、過去に相当な苦労をされた方もおられます。
人は見かけで判断は出来ません。

人の成長とは、その人が経験したことにより得るものであり、子育てが絶対的な経験とは考えにくいです。

子育ての経験がないと人は成長しない。
この考え方の根本は、単純な比較論ではないでしょうか。

いろいろな人の人生を拝見いたしますと、人の経験と成長とは様々であると、言えると思います。

さて、私には子供はいません。

私は20歳代前半時に、自分は子育ての能力はないと認識しました。
そして、虐待する親になるであろうとも、漠然と分かっていました。
私の場合、子供はいなくて良かったと思います。

その代わり、あれやこれやと、また人とは違う、紆余曲折の経験をしています。

子育て云々ではなく、生きている以上、活動する以上、人は何かを経験して、それに向き合う、乗り越える、適応する、道を変える等により、成長するものです。

人は生きている以上、何らかの経験(もしくは経験させられる)をして、そして成長する。
その経験を比較することは難しい。または出来ない。

子育ての経験があるから、ないからと、人の成長を単純に結びつけること、議論することじたい、不可能なテーマではないかと思います。