私たちは自由です。

私たちは自由です。
基本的には自由なのです。法律や公序良俗に反さない限り。

働くことの自由、結婚の自由、勉学の自由・・・。
数限りない自由があるのです。
そして、何をしても自由。これは権利でもあります。

でも、自由の本質とは何でしょうか。
働くかどうか、結婚するかどうか、勉学するかどうか。
これらはすべて選択出来ることです。

したがって、私たちの自由とは選択の自由なのです。

何を選択してもいいのです。
しかし、忘れてはならないこと。
それは、選択した限り必ず責任が生じるということです。

例えば働くことを選択した場合何らかの仕事に就きます。
仕事に就くということは、その仕事遂行上の責任が生じるのです。
企画計画責任、実施責任、説明責任、納期責任、倦怠管理責任等様々です。
そして、これらの責任を果たし続けることにより、一定の収入を得生活が成り立つのです。

では、働かないことを選択した場合は。
25歳で働かないことを選択します。40歳になっても無職。
収入はありません。彼の責任とは何でしょうか。
彼の責任とは無職、無収入でいかに生きるかということです。

仕事に就いても、就かなくても、働いても、働かなくても、私たちは生きなければなりません。
いかに生きるかの責任が生じるのです。

次に、結婚に関しての選択と責任について1例を考えてみます。
結婚すれば配偶者との関係維持、養育、配偶者との親戚付き合い等様々な責任が生じます。
では、結婚しなければ・・・。
結婚しない生活に対する責任が生じるのです。
家事を1人でこなす責任。年を重ね配偶者もなく、ひとりぼっち。淋しい。
この老後に対する責任かもしれません。
いかに老後を過ごすかです。

さて、ここまで振り返ります。
私たちは自由です。それは選択の自由です。

働いた場合は仕事遂行上責任が生じます。そして、仕事を通してまた、ある選択肢が出てくるかもしれません。どちらを選択してもいいのです。そして選択した範囲内で新たな責任が生じます。
働かない場合です。40歳で無職、無収入。ここで彼はある人と出会います。その人は彼に仕事をしなさい、職を紹介しようと話しかけます。ここで、彼の選択肢が出来るのです。今のままの状態でいるのか、それとも、心機一転頑張るのか。どちらを選択しても構いません。でも、もし働かないことを選択した場合更に年を重ね70歳になりました。
いかに生きるか。ここに責任が生じます。

結婚した場合の責任。配偶者を持つ。しかし、離婚の危機。別れるか、別れないか。どちらでも選択出来ます。別れないとすれば再度2人の生活を立て直す責任、別れるとしたら慰謝料、1人で生きることの責任等様々です。そして、また再婚の選択が生じるかもしれません。
結婚しないと。1人で家事をこなす責任、淋しさを感じるとすればいかに心を満たすかの責任。でも、結婚しない利点を活かして会社を転々とすることを選択出来るかもしれません。この場合、職歴に対する責任が生じます。

長々と書きました。
私が伝えたかったことは、人生は選択と責任の連続であるということです。
選択とは新たに何かを選択することのみならず、現状を維持することも選択です。
そして、何かをすること、何もしないことも選択出来るのです。
選択すればそれに対する責任が生じます。そして、責任を果たすうえで、また新たな選択が生じます。そして再度責任が生じます。
または、まったく予期しない選択が生じるかもしれません。そして責任です。

そして、私たちのもっとも大きな選択と責任は生きるということに対してなのです。
選択と責任を果たし続けいかに生きるかなのです。