親への復讐動機は自立につながらない

親のために生きづらい思いをしてきた。

その親に復讐してやりたい。
親を困らせて、生き辛い思いをさせてやりたい。
このような思いを、持ち続けておられる方もおられると思います。

断言します。
復讐動機からの行動では、自立は出来ません。

親への復讐動機で一番危険なことは、ぐれる、ことです。
その代表が、反社会的、非社会的な行為、もしくは、人に迷惑をかける行為を行う。

私は基本的に人が何をしようが自由であると思っていますが、人に迷惑をかける行為をOKとは言えません。
法、公序良俗は守ります。

さて、なぜ親への復讐動機の行動から自立は出来ないのか?

それは、自立とは、自分の行動については、自分で考え、責任を持って行うこと。
すなわち、主体的に考え、行動を推進、さらに行動責任を取ることであると考えるからです。
(お金を稼ぐ、稼がない、経済的なことではなく、精神的、心理的なことを指しています)。
(また、責任と書きましたが、罪罰を意味しているのではなく、自己行動の評価をきちんと行い、改めることは改め、認めることは認める。これが私の示す行動責任です)。

そして、親を困らすために、人(他人)に迷惑をかけても良いという等式は不成立。
問題を起こすと、自身が公的機関に罰せられます。

しかし、親への復讐動機からの行動が、自立へとつながる例外もあります。

それは、他者に迷惑をかけた行動を、深く反省して、その、償いを積極的にする時。
この時は、自分の行動を深く反省して、次に自分は何を成すべきか主体的に考え、社会的な奉仕行動や、社会とのつながりを積極的に行う等、他者や社会、秩序を大切に出来た時、自立へつながっていくと考えます。

また、反社会的な行動の最中でも、心ある人と出会うことによって改心したり、さらには、人に感謝される行動を取れるようになっていくと、人生の回転も変わり、自立への道が開けていくでしょう。

自立とは曖昧な言葉かもしれませんが、自分が行動するということは、必ず、人への反応や影響を及ぼし、その反応、影響から自己を再認識、自分を変えて行くことは、可能ではないでしょうか。

こう考えると、自立とは常に現在進行形であり、常に自己との対話を大切に行い、自分をチェック。

そして、生涯をかけて発展していくものかもしれません。

最初は親への復讐動機から行動しても、自立にたどり着くことは可能です。

でも、そのためには、自己反省能力が要求されるように思います。

さて、敢えて親への復讐動機から、反社会的、他者への迷惑行為を行おうと考えているのであれば、即刻、考え直してください。

そもそも、そのような行動、行為は自分を大切に出来ず、自分を傷つける行為につながります。

親への復讐動機から、自分を損ない、傷つけてしまっては、何にもなりません。

それよりも、親は放っておいて、自己の人生に専念してください。
そして、暖かい他者との触れ合い、出会いを大切にしてください。
自分が変われば、周りも変わります。

出会いがあれば、人生も変わり、運命すら変えるほどの強力な力を、あなた自身が持っていることを忘れてはなりません。

きっと、今までの生き辛さが報われ、変わることが出来ます。
可能性の扉はいつも、開かれているのです。