人は愚より己を知り賢を学び 己を創造する

私たちは何かにチャレンジをする時、即、思い通りの結果が出せる、または成功とは限らず、数々の失敗をして、自己反省、努力、改善等を絶え間なく行い、そして、結果を出す、成功への道を歩みます。

そのチャレジする過程によっては、同じような失敗を何回もするかもしれません。
また、そのチャレンジする内容によっては、失敗続きよりやお金、信頼を失うかもしれません。

自分はなぜ、うまくいかないのであろう
なぜ、人と同じようにできないのであろう。
なぜ、同じところで、つまづくのであろう等。
自分を責めてしまう気持ちも、抱いてしまうでしょう。

すべては、通過点です。
より良くなるための。

どれだけ失敗しても、愚かと嘆いても、他者から愚者と言われようとも、そこから学んだこと、反省したことを、次のチャレンジ、行動に活かして、前に進めばいいのです。

そのためには、失敗の原因分析を行い、自己の傾向、自己の癖、己を知り、次回以降、同じ失敗につながる思考、行動、態度を取ることないよう、賢くなればいいのです。

人とは、愚より賢を学び、成長するものです。

そして、この愚より賢を学ぶ姿勢は、私たちの日常生活において、すべてがそうです。
日常の生活においても、私たちは数々の失敗、思い通りにいかないこと、行き過ぎた怒りの表出、コミュニケーション表現の不適切等、様々なことを経験します。

これらの経験から、自己を反省して、次回以降はそこから学んだことを活かして、日常の生活をスムーズに送ればいいのです。

これも、愚より賢を学ぶこと。そして、己を知ることです。

私たちは、愚と思われる失敗を多々、経験します。
そして、失敗した原因を振り返り、己を知るのです。
そして、己を知った後は、失敗につながる同じ行動はせず、自分の望むもの、成功を手に入れるのです。
また、日常生活を円滑に送るのです。
これはすなわち、賢を得るのです。

そして、賢を得るということは、己を創造するということなのです。

愚より己を知り、賢を学び、その後は新しい思考、行動、態度で人生に臨む。
人は常に、自己と人生を創造しているのです。