性格の影響か 人生の選択における最大の失敗 占星術

私の性格には、「興味の限定、こだわりが強い」という大きな特徴があります。
興味のあることは、徹底して深めていきたい、エネルギーのようなものがあるのです。
逆に興味あること、こだわりがないと、無気力になってしまいます。

48歳時(2013年)から、(不安神経症かうつ病か)により、1年間寝込んだ後、回復に向けて動き出しました。

ずっと寝ていたので、運動機能の向上はフィットネスクラブに行き、脳の活性化については、何をしようかと考えました。
心理学の勉強を深めても良かったのですが、1から学べる何かを考えました。

そして、カウンセリングのスキルも多少使える仕事と考えると、私は「占星術を学ぶこと」を脳の活性化、興味の限定に選択してしまったのです。

(占星術については、40歳代初頃より興味を持っていましたが、習得に時間がかかると思い、習得に躊躇していたのも事実です)。

49歳、2014年、6月より先生につき、また、本も多々読み、一心不乱に学びました。

私は不思議と熱中している何か、こだわっている何かがあると、心が落ち着きます。
過集中状態でしょうか・・・。

そして51歳。2016年。
占星術を学びはじめ、2年後の秋、ある程度、基本的なことは習得したのではないかなと感じました。
そして、当時は、日中はカウンセリング、空いた時間に電話占い(占星術)の仕事を行おうと思っていましたが、この考えが甘かった。

そもそも、占星術(占い)を選択したことが間違っていたと、やっと気づいたのです。

それは、私の性格が、占い師には不向きであったからです。

占い師は占術の結果を断言しなければならない、しかし、それを聞かされて、傷ついたり、失望したり、不快に思う客がどれだけいることか・・・。

それに、未来予測。
100%当たるものではない。
当たらないことを断言、当たっていないかもしれないことを断言することは、私には出来ない。

占星術を選んだことは、私の人生における最大の選択ミスです。

結局、51歳11月(2016年)、占星術からは完全撤退。
カウンセリング、1本でもう一度、生計を立てようと考えました。

占星術を2年間学んでいたが、2年間無駄にした気がする。

いや、本当はそうではない。

私の性格は、こだわりが強く、興味が限定されている。
その性格に占星術の学びはフィットしたのであり、私も2年間、熱中して学ぶことにより、日々の充実、脳の活性化、身を崩さずにすんだと思っています。

でも、結果は出せなかった。

そして、この、反動が翌年(2017年)やってくるのです。