機能不全社会とアダルトチルドレン

アダルトチルドレンは機能不全家族の問題より傷つき、存在を認められず、その傷を癒すことなく大人になった人たちのことです。
しかし、機能不全家族の問題がなかったとしても、成長の過程で家族関係以外の人間関係から存在を無視され否定され、自信を喪失して、アダルトチルドレンと同じ問題を抱える人が多数存在します。
この問題は、学校、会社等と様々ですがその属する人間関係の歪みから生じているのです。
健全な人間関係が形成出来ておらず機能していないのです。
そして、これらを機能不全社会の問題と言います。
その代表的な問題が今大問題になっている学校における「いじめ」の問題ではないでしょうか。

1 学校のいじめの問題

同級生によるいじめ、担任教諭を始めとする教師達の未熟さの問題、更にはその上の教頭、校長、教育委員会と無責任性はととどまることを知りません。

学級におけるいじめは集団で1人を徹底的にいじめるのですから、それは個の破壊につながるほどの負のパワ-を持っていることと思います。
どれだけ家庭でしっかりと愛され育てられ自己信頼感を獲得していても、学級での集団でのいじめに合えば、その自信や自己信頼感は一瞬のうちに失ってしまい、後は問題が改善されるまで耐えて待つしかないのです。

これらいじめに耐え続けて大人になった場合考えられることは、自己信頼感の喪失と生き辛さが考えられます。また、トラウマやフラッシュバックの問題もあるでしょう。心の傷の根の深さは相当なものです。

ましてや、義務教育として国民の義務と課している学校でいじめに会う等とは言語道断です。

いじめに関して私は専門領域ではありませんが、私の思っていることを少し書かせて頂きます。
学校におけるいじめの問題としては、いじめる生徒の情操心、共感能力、相手の立場に立って物事を考える能力の欠如があると思います。もちろんこの背景にはこの子供の親の問題があります。家庭教育において子供の心の育成が出来なかったのですから。それと、考えられることはゲ-ムやマスコミ(TV)による心理的な悪影響もあるでしょう。

そして、無能な教師。指導が出来ないと聞いています。でも、この裏には少しでも子供に体罰のようなものが加わるとバカ騒ぎするPTA(保護者集団とでも呼びましょうか)の存在があるかもしれません。
先日北野武さんが司会をする番組で、幼稚園の先生だったと思いますが、児童劇で桃太郎をしようとして、子供に桃太郎から木の役まで割り振ったところ、脇役に振り分けられた親から「なぜ、うちの子がそんな役なの」と訴えてきたという話しがありました。
結局桃太郎が16名の劇になったそうですが。
社会はあらゆる人の役割において成り立っています。また、これら親の発想は主役以外を軽んじる差別的発想へとつながります。
こんなのが親ではまともな子供は育たないでしょう。
心の教育が出来ず自分さえ目立てばいい、良ければいいというエゴしか植え付けません。
そして、こんなうるさい保護者がいては教師も思ったように子供に対する指導は出来ません。
教師VS保護者。大概保護者が強く教師の無能力化へとつながるでしょう。

また、いじめは教師の一言から始まることもあるようで無能どころか、悪害教師も存在しているようです。

では、この教師を指導するのは誰か。教育関係組織のことは知りませんが、学校を会社に例えると、教頭は統括部長、校長は支店長でしょうか。上役・上司の部下指導力のなさも問題の1つです。
これらトップにいる人たち(校長・教頭)はいじめ問題に対する情報が耳に入ってもなにも対策行動を起こしていなかったとニュースで報道されています。これも無能です。
また、ニュ-スでは学校の上部組織である教育委員会についても問題ありと報道されています。
隠蔽、責任を認めない。無責任性です。

このようにいろいろと書いてきましたが、いじめの問題はいじめる生徒がいて発生します。
いじめる生徒の出現は、当然保護者の育児能力の問題が一番です。そして売れればいい、視聴率さえとればいいというゲ-ム、マスコミ(TV)の問題、これは社会における企業理念の問題です。
そして、学校自体の問題、すなわち無能教師、教育体制における教師の育成力欠如、学校トップの見て見ぬふりの無責任性と、隠蔽体質。
すべてはいじめる生徒を取り巻く大人の問題なのです。いじめる生徒を育てたのも大人、指導しないのも大人です。
大人は社会を作っています。まさに、まともに機能しない機能不全社会の歪みが、いじめの問題の背景にあるのではないでしょか。

しかし、何よりも一番の問題はやはりいじめる側の生徒がいることです。
先日驚くべき調査結果がインタ-ネットで報じられていました。
タイトルは、「いじめはやる方が悪いが半数以下、希薄な罪の意識」
実施はNPO法人、ジェントルハ-トプロジェクト。対象は過去3年間、小、中、高の学生1万3000人を対象としています。
小学生ではいじめる方が悪いが6割ですが、中学・高校生でも4割と恐ろしい結果です。

こんなのが成長して大きくなったら、まともな家庭は作れないでしょう。
自分達さえよければ人を傷つけても平気というエゴ家族を形成することでしょう。

アダルトチルドレンの問題として世代間連鎖がありますが、これら情操に欠く子供、青年も情操を欠いたまま成長して、心の豊かさのない家庭を作りあげ後の世代に連鎖するのではないでしょうか。