夫婦カウンセリングの受け方

  1. 夫婦の悩み相談の重要性
  2. 夫婦の問題とは
  3. 夫婦カウンセリングの受け方
  4. 恋愛・夫婦悩み相談集

夫婦カウンセリングは夫婦関係の改善、すなわち夫婦間において生じている問題を解決して、より良い夫婦関係を築くために行います。

夫婦のカウンセリングですから、夫婦一緒で受けた方が良いのか、問題を感じているパートナーが1人でカウンセリングを受けた方が良いのか、迷うところと思います。
お互いが揃って問題を感じているのであれば、2人で揃って受けられる方が有益と思います。

しかし、パートナーの1人が事情によってカウンセリングに来られない場合でも、自分が変わることによって、パートナーも変わり、夫婦関係が良くなることも多々あります。

また、夫婦間における自分の不満等を優先的にお話しされたい場合は、1人でお越しなる方がいいでしょう。
自分の話しをすることによって、気づくことが多々あるかもしれません。

カウンセリングで直接、他者を変えることは出来ません。
でも、自分が変われば、様々な変化が起るのは事実です。
それが良好な夫婦関係に結びつきます。

夫婦カウンセリングの注意点
夫婦でカウンセリングにお越しになる場合、どちらか(夫か妻)が一方的に話し過ぎますと、カウンセラーとしては、どうしても、話す方に焦点を当ててしまう現象が生じます。
私(カウンセラー)は、その点を配慮して、お話しをされていない方にも、話して頂きたいと、会話を促すのですが、その際、また、パートナーのどちらかが、再度、一方的に話し出されますと、公平にお話しが聞けません。
カウンセリングにおいては、話しをされていないパートナーの、お話しを聞く、心の余裕を持ってください。
それにより、お気づきになることも多々あると思います。

私はカウンセラーです。
パートナーのどちらかの味方をする意思はありません。
誰も裁きたくはありません。

カウンセラーとしての、私の夫婦カウンセリングに対する、気持ちを、ご理解頂けますよう。よろしくお願い申し上げます。

それから、夫婦の問題の解決に向けてですが、夫婦は各々1人の人間です。
人は皆、各々が問題、悩みを抱えて生きているものです。
夫婦の問題ではありますが、その問題は、夫婦各々が抱えている問題と問題がぶつかって、生じているのかもしれません。
問題と問題と考えると、感情的に相手を責めることなく、冷静に自己分析が出来、お互いの抱えている問題を洗い出し、夫婦で話し合うことも出来るかもしれません。

夫婦の問題のカウンセリングを大阪で受け賜わっております。

受け賜っていない夫婦カウンセリングについて
・問題意識のない、パートナーの性格等を変えるための相談
・モラハラ DV(広範囲な支援が必要なため)
・性の悩み相談
・離婚のための手続き的なカウンセリング

夫婦カウンセリングの重要性についてのページに戻る