大阪の心理カウンセリングルームの紹介

カウンセリングとは、対話の場です
貴方のお話しを、お聞かせください
悩み、辛い、こらえている話し等々
その話しの中に、自分らしく生きる
「生き方」と「在り方」のヒントが
多々、溢れているのかもしれません

心理カウンセラーからのご挨拶

心理オフィス ステラでは、「生き方と在り方」、を心理カウンセリングの1つのコンセプトとして、大阪府・大阪市にて人間関係の悩み、性格、自信、人生、アダルトチルドレン、夫婦問題等、抱えている心の問題、生き辛さからの解放、今後の人生、可能性等を、あなたの個性、自分らしさを大切に考え、カウンセリングでサポートします。

心理カウンセリングのご予約に際しては、必ず、ご予約・料金・時間のページ、をお読み頂き、ご納得後、ご予約をお願いいたします。
また、休業日のご案内は、ご予約・料金・時間のページ、上部に書かせて頂いております。
(尚、現在は不定期に主に土曜日、電話カウンセリングのみ安価にて、受け賜わっております)。

カウンセリングは大阪市内のレンタルルームを活用して行っております。
レンタルルームは、南森町(大阪市北区)、谷町六丁目(大阪市中央区)に、ご用意しております。

南森町は、大阪メトロ谷町線、大阪メトロ堺筋線、各南森町駅。
また、JR東西線、大阪天満宮駅から、徒歩5分内です。

谷町六丁目は、大阪メトロ谷町線、大阪メトロ長堀鶴見緑地線、各谷町六丁目駅より徒歩5分内です。

場所等の詳細は、ルーム案内 マップ、のページをご覧ください。

心理カウンセリング相談内容

人間関係の悩み相談
職場の人間関係の悩み相談
自信・自己信頼感の悩み
性格の悩み・改善
対人恐怖症・人が苦手
心理的ひきこもり
夫婦のカウンセリング
アダルトチルドレン

心理カウンセリングを受けに来られる方は、人間関係の悩み。周囲、環境等への不適応。さらには、仕事の悩み等。様々な心の問題を抱えて心理カウンセリングを受けに来られます。心理カウンセラーの私が思うこととしては、様々な心の悩み、そのものが、人生の問題ではないかと考えます。心の問題が改善、解決されれば、人生の流れ、人生そのものも変わっていくでしょう。

人生の悩み
自分らしく生きる
価値観を変えるカウンセリング

カウンセリング相談内容につきましては、次のページもご参照ください。
カウンセリングの相談内容

心理オフィスステラの心理カウンセリングの特徴 出来ないカウンセリングは受け賜わらない

心理オフィスステラでは、心理カウンセラーである私が人生において経験してきたことを主として、カウンセリングを受け賜わっています。(自己の経験を活かすカウンセリング)。
したがって、心理カウンセラーが経験、体験(類似経験、体験を含む)をしたことのない心理カウンセリングは受け賜わっておりません。
理由は、自身が体験、経験していないことは、言語的に理解は出来ても、私(心理カウンセラ-)の想像、共感が今ひとつ湧かず、私が発する言葉の力も、心底の強さがないと考えているからです。ご相談者の心にも響かないでしょう。

心理カウンセリングの基本は「傾聴」ですが、心理カウンセラーが、ずっと、「傾聴」のみを行っていると、ご相談者様は、話すことがなくなってきて、徐々に「傾聴カウンセリング」が鬱陶しくなり、怒りすら感じられるかもしれません。
当然です。
ご相談者様はカウンセリングを受けるために、時間とお金の2つの資産を使われているのですから。

したがって、心理カウンセリングは「傾聴」を基本としながらも、心理カウンセラーからの助言、アドバイスが必須となってくるのです。
そして、ご相談者様が抱えておられる問題に対する有効な、助言、アドバイスは、心理カウンセラーの人生の経験、体験によって大きく左右される。
私はこのように考えております。

心理オフィスステラでは、受け賜わっている相談内容を限定しており、かつ、受け賜わっている相談内容の範疇においても、問題解決が私(心理カウンセラー)の能力では、難しいと思われる問題についていは、カウンセリングを受け賜わることを、お断りしております。ご了承ください。

尚、受け賜わっていないカウンセリングの内容は、ご予約・料金・時間のページに明記しておりますので、ご参照ください。

心理オフィス ステラの心理カウンセラーの詳細につきましては心理カウンセラー紹介のページをお読みください。

心理カウンセリングの効果

心理カウンセリングにおいて、心理カウンセラーはサポート役です。
カウンセリングを1時間受けただけで、長期化した問題が解決することは稀です。
大切なことは、カウンセリングを受けた後、ご相談者様がいかに、決断して行動するかです。
そして、決断、行動するためには、以下のプロセスが重要であると、私は考えています。

1.今抱えている問題の整理
カウンセリングで過去や自分を振り返ることにより、今の自分は辛い過去、自分なりに懸命に生きてきた結果であることを理解すること等が出来、同時に自分を責める気持ち等が軽減され、少し心が軽くなります。
さらに、「気づき」や、問題の整理、自己理解の促進をもたらします。

2.思い込みからの解放
人は成育歴の過程により、様々な思い込みを抱きます。それが今の私たちを縛り、生きづらさをもたらす原因であることが多々あります。カウンセリングでは思い込みが生じた過程等を振り返り、生きづらさをもたらす思い込み(考え方)ではなく、もう少し客観的で、楽に生きることが出来る、新しい考え方を創ります。

3.行動の変化
今まで自分を抑えていた行動パターンではなく、新しい考え方にもとづく、新しい行動を考え、促進することにより、結果、今までとは違う新鮮な感覚を体感して頂きたいと願っています。これは言葉を変えると成功体験です。
カウンセリングでは上述の思い込みからの解放、すなわち思考の変更と、行動の変化を同時に考えていくことが多々あります。

4.自己受容と他者受容
心理カウンセリングでは、ご相談者様自身が、自分が自分を受け入れられることを目指します。
自分が自分を受け入れることが出来ると、自分に優しくなり、またその効果として他者に対しても優しくなり、他者を受け入れることが出来ます。
この結果、自分が生きているこの世界に、自分にとって安心・安全な居場所を築くことが出来ます。

5.感情表現
いかに自分の感情を出すか、自分の感情を適切に伝えるか、自分なりの感情の出し方、伝え方を考えましょう。
適切な感情表現とは何か、カウンセリングでもお伝えいたします。

6.自己主張
感情表現と重なりますが、自分が自分の意見や思いを主張すること、適切な自己主張とは何かを、心理カウンセリングにおいて考えます。
感情表現も自己表現も、今まで抑えてこられた方も多いと思います。また、最初の一歩は勇気と覚悟が要ることも、私自身の人生経験から理解しています。
それでも、自分を出していかないと、何も変わらないのです。焦らずに取り組みましょう。

7.コミュニケーションについて考える
多くの方はコミュニケーション、会話で悩まれることが多いです。安全なコミュニケーションとは何か、一緒に考えて、コミュニケーションに対する理解を深め、コミュニケーションの促進を目指しましょう。これは社会性の獲得でもあります、

8.今よりも人間関係が築けること
上述(1~7)の自分を変えることを努力して続けていくと、今よりも気楽に、気を張らない人間関係を築くことが出来ると思います。
人は社会生活をおくるうえで人間関係を築くことなく、生きていくことは難しいと思います。人間関係を築くことが出来るとは、自分を取り巻く社会という環境に適応していることを意味します。
また、この人間関係とは多人数の中の自分ではなく、最小単位であるカップル、夫婦も含まれています。

9.自信の獲得
人間関係を築くこと、そして、自信の獲得は対になっていると思います。
なぜなら、人間関係を築けることにより、自分の安全な居場所が確保出来。そして、そのことが存在の自己肯定につながり、自信を獲得することにつながるからです。
しかし、いきなり人間関係を築くことは難しく、様々な体験を通じて、チャレンジをすることによって、人間関係を築くことが出来るようになり、その成功体験から、自信も獲得出来るでしょう。

10.前へ進もう
様々なことにチャレンジしもて出来ないことは多々あると思います。
出来ない自分を受け入れ、勇気を持ってチャレンジした自分をほめ、自分を癒した後、再度チャレンジすればいいのです。
人生はチャレンジの連続なのです。

きっとできます。さて、これらカウンセリングの効果は個人差があります。
目指すことは同じであっても、達成するまでの時間、効果は、ご相談者様の抱える問題の深さ、悩み続けた時間、前に進もうとする、ご相談者自身の努力も考慮に入れて考える必要があります。
また、私も心理カウンセラーとして、カウンセリングにおいては最善を尽くしますが、1回のカウンセリングですべての効果を得ることは難しいかと思います。ご了承ください。
大阪の心理カウンセリングは、心理オフィスステラ。


大切な人へのプレゼント選び あまり考え過ぎないこと

大切な人ヘのプレゼント等を選ぶ時、考え過ぎに陥っていることはありませんか。 どのような商品にしようか。 価格との関係性。 今はネット社会においては様々な商品が溢れています。 プレゼントを決める時は、商品の種類を絞り込む( …


[大切な人へのプレゼント選び あまり考え過ぎないこと]の詳細を確認する






心理カウンセラーは理解者ではあるが味方ではない

心理カウンセラーについて誤解されている方が以外と多いのではと思う時があります。 それは、心理カウンセラーとは、ご相談者様にとって理解者ではあっても、味方ではないということです。 もし、心理カウンセラーがご相談者様の味方と …


[心理カウンセラーは理解者ではあるが味方ではない]の詳細を確認する