対人恐怖症 人が苦手

近年、人に対する不安、恐怖を強く抱く方は増加傾向にあります。
また、以前、私は対人不安という言葉を主として使っていたのですが、近年は、対人恐怖症という言葉を使われる方が増えつつあります。
私も時代の流れに合わせて、対人不安という言葉より、本ページにおいては、対人恐怖症という言葉を主として書き進めます。

また、心理オフィスステラでは、精神疾患に対するカウンセリングは一切行わないことにしておりますが、対人恐怖症に関しては、対人不安が一般用語から名称変更(進化)したものと捉え、対人恐怖症の症状が重篤な場合を除き、受け賜わらせて頂きます。

しかし、その前にご認識ください。

不安と恐怖の違いを。

不安:結果に対する恐れに支配されている。落ち着かない様子。
恐怖:自分の身に危害が加えられる感じがして、極度に不安になること。
(三省堂 新明解国語辞典より)

現代は対人恐怖症という言葉が、対人不安を上回り使われていますが、対人恐怖症であるからには、自分の身に危害が加えられる感じがして、極度に不安になる方が多いのでしょうか?。
なぜ、対人恐怖症という言葉が頻繁、煩雑に使われるようになったのでしょうか。

考えられる一番の原因は、他者よりの悪口、誹謗、中傷、いじめ、仲間外れ、DV等の行為が、顕著化しており、これらの行為は当然、その人の心に危害を加えることにもつながり、さらに、いじめ、DVは身の危険を感じる場になるでしょう。

対人恐怖症という言葉が一般的に使われている要因としては、それだけ社会が人を平然と傷つける社会になったこと、また、思いやりの欠如、分断する攻撃性の社会現象が、1人1人に、いつ自分の何がきっかけで、他者から攻撃、心が傷つけられるか分からない恐怖、それとともに、漠然とした不安感の増とも密接に関係しているように思います。

自分の行為が、どこかで誹謗中傷されたり、悪口を言われたり、実際に仲間外れにされたり等、確信はないのですが、他者、人に抱く不安が、具体的な恐怖へと進化したように思います。これが、対人恐怖症という言葉を般化したのでしょう。

そして、不安と恐怖の境界がなくなり、全て、対人恐怖症という言葉に集約されつつある時代になってきているのではないでしょうか。
また、不安も恐怖も感覚であり、現代社会においては、厳密に区別する必要はないのでしょう。

さて、対人恐怖ですが、人が怖い。話すのが辛い。視線が気になる。人からどう思われているのか気になる。
人に対する苦手意識。
そして緊張してしまい、その場から逃げたいような強い気持ちを抱く。
一般的にこれらの症状が対人恐怖症(以前は対人不安が一般的)と言われています。
もう一度書きますと、以前は対人不安という言葉の方が一般的であったように思います。

私も子供時~30年近く、対人恐怖、不安、人に対する苦手意識、人に対する漠然とした怖さ、緊張感を常に感じていました。
そのため、コミュニケーションの問題も多々生じていました。
これらの、私の対人恐怖症、対人不安の経験を活かすためにも、カウンセリングを大阪で受け賜わっています。

さて、社会は人によって成り立っています。
したがって人に対する問題、対人恐怖、人に対する苦手、怖さ等の感覚、意識を抱えてしまいますと、社会生活をおくることに苦痛を感じてしまいます。
そして、対人恐怖症は、成育歴等の影響が強く影響しています。

具体的には、親が子育のしつけと称して、行き過ぎた言動を取り、子供を恐怖で支配する。
また、子供時のいじめ、成人後の職場内でのいじめ、夫婦間のDVも、対人恐怖症を招く要因となるでしょう。

さて、社会は人によって成り立っています。
したがって人に対する問題、対人不安、人に対する苦手、人が怖い等の意識を抱えてしまいますと、社会生活をおくることに苦痛を感じてしまいます。

そして、この対人恐怖症、人に対する苦手意識を抱えておられる方は、思考面、行動面において、対人恐怖症を、さらに強化する様々な問題と特徴を持っておられると思います。

Index
1 対人恐怖症の正式名称
2 対人恐怖症・人が苦手な方へ 原因及び対処改善等(7項目)
3 私の具体的な人と接する時の心構え
4 受け賜わっていない対人恐怖の状態

1 対人恐怖症の正式名称

さて、「対人恐怖症」ですが、実は(DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引き)においては、正式な精神疾患の用語として記載されていません。

記載されている用語は、「社交不安症/社交不安障害(社交恐怖)」SAD、です。
具体的な症状を簡潔に書きますと
1つ
他者の注目を浴びる社交の場に対する、恐怖と不安。
雑談、会食、他者の前で何らかの動作を行うことに対する不安。
2つ
ある振る舞いや、不安症状を見せることから、否定的評価を受けることを恐れる。恥をかく、拒絶される、迷惑になることを恐れる。
3つ
不安を感じる人と接する場を回避、または、強い不安、恐怖を感じながら耐え忍ぶ。

他にも症状等は記載されているのですが、上記3つが、主だった対人関係の不安・恐怖の問題と認識します。

2 対人恐怖・対人不安。人が苦手等 原因及び問題改善等

  1. A ソーシャルスキルの欠如
  2. B 最悪の結果を予想する 否定される思い込みの弊害
  3. C アイディンティティの未確立 自分が分からない
  4. D コミュニケーションの1人相撲
  5. E 自己受容が出来ていない
  6. F 他者の評価を気にしすぎる
  7. G 過去 他者・人から心を傷けられ続けた経験があり その心の傷が残っている

A.ソーシャルスキルの欠如

ソーシャルスキルとは何でしょうか。イメージ出来ますか。

これは社会生活をおくるうえで好ましいスキルのことです。
ソーシャルスキルは対人スキル、コミュニケーションスキルの2つから成り立っています。

まず対人スキルとは、人との交流において、いかに社会的に振る舞うかというスキルです。
話し方、表情、身だしなみ等、社会的に好まれるスキルを獲得しているかどうかということなのです。(社会的マナーの習得も関わってくるでしょう)。

対人スキルを獲得していないと、人と接する時、人と話す時、いかなる態度を取り、いかに振る舞っていいのか分かりません。

したがって、対人スキルを獲得していないと、人と一緒にいる時どのように振る舞っていいかが分からず、人と一緒にいることが不安になるのです。
(これらは、対人恐怖症、人が苦手、人に対する怖さの根源の1つになります)。

また、コミュニケーションスキルも対人スキルと並列するものであり、いかに人と話しをするか、好ましい会話のスキルです。

さて、対人スキル、コミュニケーションスキルは幼児期よりの適切な親子関係、そしてその後の学生時(小学生~大学生)における人との交わりのなかで培われます。
しかし幼児期より親子関係に問題があり、親と適切な関係を築くことが出来ず、また親に対して恐怖や、漠然とした不安、遠慮等の気持ちを持っていますと、その後の人間関係にも支障が出てしまい、ソーシャルスキルの獲得が困難なものになります。

親子関係の影響は対人恐怖症、対人不安、人に対する苦手意識に大きく影響します。

さて、ソーシャルスキルはスキルです。
スキルはいつでも学習して獲得出来ます。

私も子供時より、対人恐怖症の為、他者と気楽に会話をすることが出来ませんでした。
したがってソーシャルスキルは他の人と比べて、15年以上遅れて獲得したと思っています。
この遅れて獲得したソーシャルスキルについては、カウンセリングにおいても話し合います。

そして、人し接する時の心構え。
対人恐怖症、対人不安を意識しないこと(どうしても脳は意識しますが)、私なりの心構えについて、後述してお伝えします。

尚、ソーシャルスキルを有効に獲得したければ、他の人と実際に交わることの出来る、コミュニケーション心理学等の講座を受講することが一番の早道とは思いますが・・・。


B.最悪の結果を予想する 否定される思い込みの弊害

ソーシャルスキルはあるのに、「人と接するのが怖い、話すのが怖い」という対人恐怖症の方がおられます。

そして、対人スキル、コミュニケーションスキルの発揮を抑えてしまいます。
これも、対人恐怖症、人に対する苦手意識の根源になります。

ではなぜ、獲得しているスキルを発揮せず、抑えているのでしょうか。

考えられることは、対人スキル、コミュニケーションスキルを発揮した後を予想していることです。

それは、「最悪の結果」です。(漠然とした不安がその根にあるのでしょうが)。

例えば、「話しをしようと思うがどうせ無視されるに違いない」、「私の話しはおもしろくない皆退屈する」、「話にオチがなくしらけてしまう」等の思い込みから、コミュニケーション後に対する、最悪の評価と結果を恐れているのです。
そして、その予想が現実になることを怖れて、スキルの発揮を抑え、自分を抑えてしまうのです。

しかし、この最悪の予想は本当に現実になるのでしょうか。

誰にも分かりません。
確かめる方法は1つです。
対人行動、コミュニケーションを避けることなく、その場でソーシャルスキルを発揮して、現実を体感して確かめるしかないのです。

そして、スキルの発揮を抑えていると次の2点からも問題が生じます。

a 不安ばかり先行して不安に支配され、やがては対人場面を回避し続け、対人恐怖症・人が怖いという感覚を強化して、ますます人が苦手になる。
b 自分を発揮しないため、周囲の評価も下がり、自信が低下する。評価が下がると、人から軽くあしらわれることもあり対人恐怖を助長する。

カウンセリングでは、その最悪の結果は本当に起こるのか?
他に考え方、見方はないか等、現実的、客観的に考えることについて話し合い、カウンセリングを進めていきます。

そして、あえて、不安な場にチャレンジすることにより、最悪の結果を迎えるのではなく、自分の単なる思い込みに過ぎなかったことを実感し、対人恐怖症、人が怖い気持ち等を緩和させ、人に対する苦手意識、対人不安も緩和させるのです。

大切なことは、「自分は大丈夫」という安心感を獲得することです。

C.アイディンティティの未確立 自分が分からない

アイディンティティとは自分とは何者であるかということです。

具体的には、「私は甘いものが好きです」、「私は会社員です」、「私は人には優しく接します」、「私は自分のことをきっちりと説明できる人間です」、「私は人と話すことが好きです」・・・。

「私とは~~~です」の複合体なのです。

しかし、この「私とは~~です」という自己が確立されていませんと、自分が何をしたいのか、何を大切に他者と関わればよいのか、人とのなかでどのような自分を表現すればよいのか等、自分がどう行動して振る舞えばいいのか、自分が自分で分かりません。

さて、対人恐怖症の方は人から否定されることを恐れて、人に合わせ続ける傾向があります。

そうしますと他者への思いに敏感で、自分の本当の意見や気持ち、行動を抑え、感じ取った他者の思いに合わせてしまうので、自分が自分でなくなってしまい、自分が確立出来なくなってしまうのです。

その結果、自分が何をしたいのか、何を考えているのか、何を感じているのか、分からなくなってしまいます。

自分が何を考えているのか分からないと、他者から意見を求められた時に答えられません。そうすると、その苦痛を避ける傾向が生じ、ますます人が怖くなり、対人恐怖症・人に対する苦手意識、緊張を強化させてしまうのです。

関連記事としまして
自己信頼感のページ
もお読みください。

D.コミュニケーションの1人相撲

これは、人とのコミュニケーションにおいて自分が場を盛り上げなければならない、相手を退屈させてはいけない、相手を笑わせなければならない等、使命感を持っている場合に生じます。

自分が盛り上げ役を果たさなければならないと使命感を持つことは、常にその場のコミュニケーションにおいて責任を負うことになります。

しかし、コミュニケーションは2者以上で行うものです。
なぜ、自分1人がその場を盛り上げなくてはならないのでしようか。

また、自分がその場を盛り上げよう、コミュニケーションをリードしよう、自分が話さなくてはという思い、焦ることは、自分自身に意識が集中した状態であり、相手とのコミュニケーションに向き合っている状態ではないのです。

そうすると相手の話しも半分程度しか聞いていないかもしれません。 相手の話しをきちんと聞かずにコミュニケーションは成立するでしょうか。

実はこのコミュニケーションの1人相撲の背景にも、他者から否定的評価を受ける恐れがあります。
要は退屈な奴等と思われたくないのです。

この対人不安、対人恐怖の感覚から気持ちも焦り、ちぐはぐな応答をしてしまい、コミュニケーションに対する苦手意識が強化され、さらには対人恐怖症・人が苦手、緊張感も高まり、人が怖いという感覚に陥ってしまうのです。

カウンセリングではコミュニケーションについてもお話させて頂きます。

またカウンセリングじたいがコミュニケーションですので、コミュニケーションの1人相撲で悩まれている方は、カウンセリングの聞く技術を学ばれても良いかもしれません。

E.自己受容が出来ていない

自己受容とは自分はこれでいいと、自分にOKを出すことです。
そして、人が自分にOKを出すには、OKを出す基準があります。
他者とのかかわりにおいて、自分に求める規準が高すぎると、なかなか自分にOKは出せません。

ソーシャルスキル(対人スキル、コミュニケーションスキル)を獲得していても、自分に対する基準が高すぎると、どれだけきちんと人と接していても、他者からOKを頂いても、自分にOKが出せないのです。

また、ソーシャルスキルの問題は脇へ置いておいて、今の自分にOKを出すことも必要です。

何か人と話す際にぎこちなくても、緊張していても、精一杯努力して人と接している自分を認めてあげることです。

完全でなくてもいいのです。

自分は自分でいいのです。

自分が自分を受容出来ないと、他者視線・他者評価優位となり、これも、対人恐怖症、対人不安、人が怖い、人が苦手という感覚に大きく影響するでしょう。

F.他者評価を気にしすぎる

自己評価が低いと他者の評価を気にします。
自己受容が出来ていないと、自分にOKを出せず、他者よりOKの承認を得ようとします。
この気持ちが強ければ強いほど、他者よりの承認を得るために、他者の反応、評価を気にするのです。

そしてその結果、他者を強く意識するため、自分を評価する他者に対する不安が高まり、対人恐怖症、対人不安、人が怖い、人に対する苦手意識、緊張から抜け出せないのです。

しかし、私たちは目の前にいる相手が、自分に対してどのような評価をしているのか、どのような気持ちで接しているのか、分かるのでしょうか。
もちろん相手の反応を見て、なんとなくですが、分かる場合もありますが、しかしすべては推論の域を出ていないと思います。

したがって相手の反応から相手の評価を考えるということは、推論に基づくものであり、確実性はないのです。
またどれだけ、ソーシャルスキルを発揮していても、他者評価を得ようとするあまり、自分にとって理想の完璧な対人行動が出来ない限り自分を認めない等、自分に求める規準が高すぎる場合もあります。

高い自己規準を達成しない限り、他者より評価してもらえないと思い込んでいるのです。

このように、他者評価を気にしすぎる問題と、自己受容の問題は密接に関係しています。
自己受容が出来ないと、自分はダメ、人に受け入れてもらえるはずはない等考えてしまい、人と接する時、対人恐怖症、怖さ、人に対する苦手意識、緊張感も増していくことでしょう。

カウンセリングの相談内容においても、他者評価と自己受容の問題を抱えている方は大変多いです。

対人恐怖症からの回復のカウンセリングでは、自分に対する厳しい評価基準を下げ、自分を認め、自分を受容することが大切なことの1つなのです。

G.過去 他者・人から心を傷けられ続けた経験があり
その心の傷が残っている

当然、過去、他者(親を含む)から心を傷つけられ続けた経験があると、人に対する恐怖心を植え付けられてしまいます。

したがって、これ以上、人から心を傷つけられることを恐れ、対人恐怖から身を守る為に、以下の心理、行動面における防衛策を講じますが、これらは、さらに対人恐怖症を深めるか、または、孤立化するか、もしくは、自分自身が自分に無理を化し、心理的に疲弊するでしょう。

a)対人恐怖心より普通に人と接することが出来なくなる

対人恐怖症、人に対する恐怖心を抱いていると、その恐怖、不安、怯えが、態度、振る舞いに出てしまう時があります。
例えば、声が小さすぎる、コミュニケーションが続かない、積極性の欠如等の他者から、中傷、誹謗、悪口等を招くきっかけとなってしまいます。

現代社会は不寛容であり、異質な者を排除しようとする傾向の人もおり、また、対人恐怖症の方は、その恐怖心が外に出るため、その点を良識の欠如の人達に付け込まれ、いじめの対象となってしまうのです。

対人恐怖症とは、その恐怖心、不安が他者に観察、察知され、さらに対人恐怖症を悪化させてしまうこともあるのです。
対人恐怖症、負のループと言っても過言ではないでしょう。

b)自分(心)を守る為、人と距離を取る

人から自分の心を傷つけられない為にはどうすればいいか。
その1つは、他者と距離を取ること、接しないこと、会話をしないこと等が考えられます。
しかし、この方法を取ってしまうと、対人恐怖症は感じなくてすむかもしれませんが、孤立化してしまいます。
また、人を寄せ付けないような雰囲気、態度をまき散らかす方法もあります。
(例えば、笑顔がまったくない等)。

かつての私は心理的ひきこもりで、人の中にいても一切心を開かない、話さないことにより、自分を対人恐怖症、人に対する苦手意識から、自分を守っていました。
しかし、結局のところ孤立化、社会不適応者になってしまったと思います。

たまたま、14年間、会社生活を続けられたお蔭で、対人恐怖症、対人不安、人に対す苦手意識は何とか自分なりに克服出来たと思いますが、もしかしたら、社会的ひきこもりを経験していたかもしれません。

c)人から心を傷つけられないため自分を演出する(キャラ変)

対人恐怖、人が苦手の意識をお持ちの方は、他者からの否定に敏感です。
それは、以前味わった対人恐怖症を二度と味わいたくない、少しでも、恐怖心等を緩和したいという思いから、人に対する警戒感が強いからです。

その為、人に合わせることを一番として、自分ではない自分を演じることになるかもしれません。
現代は同調圧力の時代とも言われており、同調するカメレオンのような能力も、心を傷つけられることなく、社会で生き延びる為には必要なのでしょうか。

いずれにせよ、対人恐怖症をお持ちの方は、他者から心を傷つけられることを恐れ、人を恐れていますが、自分とはまったく別人の自分を演じることで、自分を守るこもあるでしょう。
しかし、これは不自然な自己の演出であり、心も疲弊してしまうのではないでしょうか。

3 私の具体的な人と接する時の心構え

私の対人恐怖症 対人不安 人に対する苦手意識克服経験

a)顔の表情

基本的には、なごやかな表情が好ましいと思われます。
自分自身が不安から怖い表情をしていますと、相手もあなたに怖さを感じるのではないでしょうか。

無理に笑顔でいる必要はありませんが、人が安心して話しかける程度の穏やかな表情です。
割りばしを口に挟むと、口角が上がります。
口角が上がると、少しニコやかな、穏やかな表情になるのではないでしょうか。
練習してみてください。

b)聴き上手

対人恐怖症は意識していませんが、私は幼少期からのクセか、自分からあまり、自分のことを話しません。
(子供時、親が話しを聴いてくれなかったことが最大要因ですが)。

今、会話においては、相手の話しを聴く方に力を入れております。
職業柄、心理カウンセラーということもあるのですが、聴き上手は話し上手を実践しています。
意外と他者の話しを真剣に聴いてくれる人は少なく、聴き上手は人間関係を築くのにも良いのではないかと思います。

聴き上手を目指すのであれば、心理カウンセラーの養成校で初級、傾聴の練習等も役立つでしょう。

c)他者の評価を過剰に気にしないこと

何かと他者の評価を過剰に気にし過ぎると、自分の思っていることも言えず、他者に合わせるだけになってしまいます。
これでは、自信、自己肯定感、自己存在のOKの感覚は身に付きません。

これらは大切な感覚であり、実際に他者の自分に対する感情、思い等をコントロール、操作することは不可能です。
最善を尽くして、他者と関係性を築く、コミュニケーションを取ろうとしている自分を、自分が評価する方が、他者評価を気にし過ぎるより、よほど良いと思います。

d)今日 良かったことを箇条書きにして振り返る

実は対人恐怖症と自信、自己信頼感の問題は密接に関係しています。
自信、自己信頼感を上げるためにも、今日の良かったこと、特に、苦手としている人間関係等について良かったこと、また、ほめ言葉は素直に受け取り、自信、自己信頼感の向上を図りましょう。

e)人間関係等どうでも良いという意識も大切

人間関係は社会生活において大切です。
しかし、あまりにも、人間関係のことばかり考えていると、自分で自分を疎外してしまい、他者優先となってしまいます。
人間関係、合わない人がいてもいいのです。
相性の合わない人に、不安感、怖さを抱く必要はありません。
適度にやり過ごせば、それでいいのです。

F)個性を大切に

今の私は対人恐怖症、対人不安、人に対する苦手意識はさほどありませんが、人と騒ぐことは苦手であり、他者との関係性においては内面の世界を分かち合うことを好みます。
この点はHSP(繊細、敏感な気質)が影響しているのかもしれません。
しかし、人が苦手、怖い(実際は関わりたくない人も存在しますが)という意識は払拭されたと感じています。
個性を大切にしてください。
本当に人様々です。

g)人との交流を大切にすること

対人恐怖なのに、人との交流等は出来ないと仰るかもしれません。
お気持ちは分かります。
私は全ての人と交流、仲良くする必要はないと思っています。

気の合う、仲間との交流を大切にするのです。
交流の場に行けば、必ず、気の合わない人もいるでしょう。
もしかすると、その人は悪口を言う人かもしれません。

でも、他人を変えることは出来ないのです。
そのような、人間性の低い人は放っておきましょう。
そして、自分と気の合う人々との交流を楽しみましょう。

4 受け賜わっていない対人恐怖の症状

心理オフイスステラでは、私(心理カウンセラー)の経験を活かして、対人恐怖症、対人不安のご相談を受け賜わっております。

しかし、私自身は対人不安の傾向はありましたが、人に恐怖心を抱いたことは、さほどありません。
現代は、不安と恐怖が混在しての、対人恐怖症と捉えますが。

受け賜わっていない、対人恐怖症の方の状態です。
・全く話せない方
・人と居るだけで震えがくる方
・ある特定の方に対する恐怖心

以上です。

また、ご相談内容によってはカウンセリングを受け賜われないこともあります。
ご了承ください。