いきすぎた自尊心

自分を尊ぶ心。
大切だと思います。

しかし、いきすぎた自尊心には問題があります。
それは、自分を尊ぶ気持ちが強すぎるということは、その自分が他者から傷つけられることに敏感であるということになるからです。

例えば、自分の表明した意見にちょっと、反対されただけでも、自分が攻撃された、傷つけられたと思い、さらには相手を攻撃しようと反論、反撃を試みたりと、他者に対して不寛容さが目立ってきます。
いきすぎた自尊心とは、このような他者との軋轢、緊張状態をもたらすのです。

そして、いきすぎた自尊心とは、実のところ、自己卑下の気持ちが高く、自己卑下とのバランスをとるために、いきすぎた自尊心を抱き、自分と異なる者、反する者を敵とみなしたり、攻撃、報復対象とする傾向があるようにも思います。

実は私も青年時は、いきすぎた自尊心があったと思います。
でも、このいきすぎた自尊心の裏には他者に対する不安、他者からの否定に敏感等の問題が生じていましたが、その問題をないものとする為、不安、否定されないため、相手に対して自分と異なる態度、意見には強い敵意を感じていました。

また、他者と積極的に人間関係を結ぼうとしませんでした。
対人不安に対する防衛でもあったように思います。

したがって、この、いきすぎた自尊心とは、自分が自分を尊ぶというより、自分と異なる相手を否定して、自分を守っていると述べた方が的確でしょう。
それを勘違いして、自己分析が出来ておらず、自尊心が高いと、自分では思ってしまうのではないでしょうか・・・。

適切な自尊心とは、自分を尊び、他者も尊びます。
自分と異なる人、異なる意見があったとしても、そのことに対しては、「人は皆、各々生き方があり、意見がある」と他者に対して、寛容になれるのではないでしょうか。

自尊心とは他者尊信でもあるのです。