頑張れと言われても

相談して、いろいろと話しを聞いて頂いて後、「頑張れ」、と言葉を頂くと
何か、励ましてもらって頂いたという気持ちにもなり、
心も少し楽になります。

でも、相談したいことがあり、少し話しただけで
「頑張れ」と言われても、
何も分かってもらっていない、理解してもらえなかったと
悲しい気持ちになります。

「頑張れ」という言葉じたいには、問題はないのでしょうが。
頑張るのは、言われた当人であり、その辛さ、孤独さ等も話したかったのに
簡単に頑張れと言われても、どうしようもない、見捨てられたと感じることもあるのです。

この「頑張れ」と言葉を発する以前に、どれだけ相手の話しを聴き、共感したか
話し手の気持ちに、寄り添うことが大切であり。
この後、「頑張れ」という言葉は生きてくるのです。

おそらく相談している本人も
「自分が頑張るしかない」と、おおかた思っているはずです。

でも、何をどう頑張ってもよいか分からず
また、気持ちも萎えており、そんな自分の話しを聴いて欲しいから
相談しようと思っていたのに・・・。

いきなり

「頑張れ」といわれても、落胆してしまいます。

「頑張れ」と言う前に、目の前の方が何を言いたいのか

どういう思い、感じでおられるのか

いろいろと感じながら会話をしたあと

はじめて、「頑張れ」という言葉は、生きてくると思います。