撤退する勇気 経験を次のチャレンジに活かす

Index
1 撤退は屈辱ではなく屈辱を乗り越える勇気である
2 撤退と自己の限界を知ること そして挑戦した経験を次に活かす

1 撤退は屈辱ではなく屈辱を乗り越える勇気である

目標に向かって、頑張って、頑張って、努力しても
自分の思うような結果が出ないこともあります。

でも、頑張ったのだから、時間もお金も投資したのだから
まだまだ、目標達成にこだわり続けたい
未練もあると思います。

でも、こだわり続けること、頑張り続けることが
本当に、人生が良い方に向かうかどうかは、
一度、振り替えり、考える必要もあるでしょう。

意地を張り、頑固になり過ぎ、まだまだと、そのことに固執し続けると
失う方が多い場合もあります。

目標達成にこだわり続け、心身もホロボロになり、挑戦、前進も挫折
さらには、再戦不能の状態になってしまっては大変です。

物事、引き際も大切です。

撤退することに、屈辱を感じるかもしれませんが
撤退する勇気を持つこと。
この勇気も大切なのです。

いや、むしろ、屈辱を乗り越えて、前進する撤退は、勇気の象徴ではないでしょうか。
自分に誇りを感じても良いのです。

さらに、撤退とは、自分を大切にするということなのです。
再戦不能の心身がボロボロの状態になることを避け
力を温存。

次回、再び、前進する力を維持するために、チャレンジしていた目標達成から、一時、撤退するのです。

2 撤退と自己の限界を知ること そして挑戦した経験を次に活かす

撤退とは残念ながら、自己の限界を知ることでありもあります

しかし、立派で賢明なことだと思います。

なぜなら、自己の限界を知るということは

何かにチャレンジした結果、これ以上は無理と判断されることであり

そのチャレンジの過程において、様々なことを学習、経験されているはずです。

残念ながら、チャレンジしたことにおいては限界、目標を達成出来なかったとしても
その過程で得た、様々なことは、今後の人生に活かせます。

自己の限界を知るとは、言葉上、残念、無力の感がありますが

実は、これからの人生を、さらに有能に生きるため、自分を活かすための
秘訣、パワーであったりするのです。

なぜなら、自己の限界を知るということは、チャレンジの経験より深く自分を知ることにつながり、
自己の長所、能力の発見もあったことと思います。

これらを磨き上げることにより、その道のスペシャリスト、専門性を高め、再び、前進する道も開けるのです。

いずれにせよ、自己の限界を知るとは
その限界を知るまで、チャレンジ、努力をされ続けたのですから
立派なことです。

今までの経験を活かして、さらなる能力開花を活かして、これからを生きる。

このように、思われても、いいのではないでしょうか。

関連記事