心静かに穏やかに

私の理想の、心の状態です。

理想だけてあって、なかなか、この状態になることは難しい。

心静かに穏やかに、言葉をかえると、心が平和で幸せな状態。
この状態になろうと思うのであれば、自分の幸せだけを願い追求しているのであれば無理であろうと思います。

自分のことばかり考えていては、自己中心性となり、望みは叶う都度増え、さらに次の状態や望みを願い、叶わなければ、不満となります。

こうなると、不満とイライラから、心静かに穏やかな状態になることは難しいでしょう。

では、どのようにすれば、心静かに穏やかな状態になれるのか。

今日1日を振り返り、良かったことに感謝。
また、大切な人を思い浮かべ、日々の無事に感謝。

自分の欲から離れ、他に気持ちを持っていき、感謝すること。
これが、私にとっては、心静かに穏やかに暮らすための、コツのような気がします。

この状態には、まだまだ至ってはいないのですが・・・。

なぜ、私がこの状態になるのが難しいのか。
それは、母と私の親子関係が影響しています。

母は常に何かあると、
「私が辛いのはあんたのせい」
「私が悲しいのはあんたのせい」と、自分の不満を私のせいにしてきた人です。

そうすると、私は母から不満のエネルギーをたくさん受け取ったことになります。
また、無意識的に自分が満足出来ないのは、〇〇のせいとか、責任転嫁の傾向も受け継いでいることでしょう。

気がついているのであれば改めること。

心静かに穏やかに。

自分以外の存在に感謝すること。
今日の無事に感謝すること。

そうすると、心が静まり、穏やかな状態になれる。